2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.01.10 (Wed)

憧れの黒けん玉。

けん玉ネタって,このBlogが出来た3年以上前に一度書いたきりだったのですが,CENって実はけん玉の有段者だったりします。

1月3日に姫路の山陽百貨店前を通りかかった時,子供向けのけん玉教室みたいなイベントが開催されていたのですが,何とそこに小学生の頃けん玉を教えてくださった先生が。それで,つい嬉しくなってご挨拶だけさせていただいたのです。

知らない間に日本けん玉協会姫路支部の支部長をされていらっしゃるようで。

先生の曰く,どうやら最近,昔けん玉を教えた子供達が大人になって挨拶にやってくるということがよくあるらしく,見ず知らずの兄弟子・弟弟子の様子を嬉しそうにいろいろ話してくださいました。

まぁさすがにもう10年以上前のことなので僕のことは失念されているご様子でしたが。名刺を戴いたので,僕も連絡先だけ伝えさせていただきました。


・・・すると,その二日後に電話があり,

「君の名前を過去の資料で調べてみたら,昔大会でも入賞してたんやな。先日は動転してしまってあまりもてなしができなくてすまなかったから,君が欲しがってた黒のけん玉を送ってあげようと思って。」

だそうな。後半もさることながら,わざわざ資料で調べてくださったあたりも感激です。
入賞と言いつつも,有段者の部/上級者の部/初級者の部の中で“上級者の部3位”なので大したことはないのですが,それでも資料に残っているというのはありがたい。

姫路支部ローカルで昔,“黒けん玉は有段者しか持ってはいけない”という決まりがあったんですよ。せっかく段を持ったので,黒が欲しいなぁと3日に漏らしてたのです。

当時は競技用けん玉といえば,青・赤・黒の三色しか無かった時代ですよ。“富士”と“さくら”しか公認されてなかった時代ですよ。嗚呼懐かしい。今はたくさんの色があるので,有段者といえば黒・・・ってイメージは無くなってるんですかね?


閑話休題。

そんでまぁ,「遠慮なんかホンマにせんでえぇから。」と言われ,そのお言葉に甘えることにしたまた二日後,家に荷物が届きました。

紙箱に溢れんばかりのけん玉が詰め込まれてました(笑)。

内訳は何と,

・富士 黒
・富士 赤
・富士 青
・新富士 緑
・夢元 青

でした。

今ではもう製造されていないはずの旧“富士”が3本も!!

しかも全色揃ってます。

早速“黒”を開けさせてもらいました。

あと,今の主流であるらしい“夢元”も開けて使ってみました。数学科の院生室に溢れかえっているのも夢元のけん玉だそうですね。

kendama_mugen_fuji.jpg
左が夢元で,右が富士。
比べてもらうと分かるんですが,昔のけん玉に比べて今のそれはみんなラインが丸いんですよね。
最初に見たときは極意系の技がしづらそうなイメージを受けたのですが,意外と『すべり止め極意』も,『中皿極意』も,その気になれば『大皿極意』とかもできるのがびっくりです。

やっぱり新しいけん玉のほうが進化してるんですかねぇ?旧“富士”の方が融通が利かないイメージです。新富士も使ってみたいのですが,開けるのがなんだか勿体無い気分・・・。

しかし,もっと使い込まないと『けん先すべり』がしづらいです。引っかかる引っかかる。こんなんだと上の段には上がれない。

おかげさまで久しぶりにけん玉熱が再発した今日この頃。
空中系の持ち技が増えたらいいと思います。
とりあえずは『うずしお灯台』の成功率を上げたい。

マニアックネタですみません。


あと,けん玉の底に,

・藤原一生著「タロ・ジロは生きていた」

という本が入ってました。ご存知「南極物語」の原作です。

この藤原一生さん,日本けん玉協会の初代会長だったんですね・・・知らなかった。

まだぱらぱらとしか読んでないのですが,昔の児童文学って割と難しい文章使ってたんですね。

家庭教師をやっている実感として,今だったらこんな文章は中学生ですら難しいのではないかと感じてしまいます。

ゆとり教育なんてクソ食らえ。

とんでもない脱線をしたところで,そろそろ収拾。


ここまで読んでくれた人はよっぽどけん玉が好きか,俺が好きかどっちかですね。
スポンサーサイト
02:55  |  けん玉  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.16 (Tue)

けん玉の技。

何を隠そうCENはけん玉の有段者だったりするのです(・・・と言ってもまだ初段だから偉そうなことは言えませんが)。
知り合いのサイトのBlogで俺が尊敬するけん玉の先輩の新技が紹介してあったので真似してみました。
20041116235207.jpg

合成でもなければ接着でもありません。

机の上が汚いのには触れないでください・・・。
23:54  |  けん玉  |  TB(1)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。