2004年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.29 (Mon)

マンドリン・オーケストラのエキストラ

今日は阪大マンドリン部にエキストラとして練習に参加してきました。
結果は,こんなのがエキストラでいいのか・・・という感じです。
オケで吹くことに慣れているので,マンドリンのppには対応しきれませんでした。これくらいの音量でピアノに聴こえるだろう・・・と思って音を出すと大きすぎるのです。やべぇ,音量抑えな・・・でも音程も下がったらあかん・・・と思っていると,頬に無駄な力が入ってさらに悪くなるという悪循環スパイラルに陥りました。
あと,低音で吹かされる部分が多いので,低音も抜ける音色で吹けるようになる必要がありそうです。
課題は山積みですが,せめてエキストラとして満足してもらえるようなくらいの仕事ができるようになりたいです。
スポンサーサイト
23:35  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.29 (Mon)

主客転倒の週末。

最近土日が妙に忙しくて,その疲れのせいか月曜は寝坊してしまい授業に行けないという,とても矛盾した事態に陥っています。早くこのペースをなんとかしないといけません。とりあえず来週は久しぶりに少し楽めのスケジュールなので体を休めたいと思います。それと,自習もしたいです。
23:30  |  日記  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.29 (Mon)

紅葉の写真

もう見てくださった方もいるみたいですが,GALLERYに紅葉の写真を2枚アップしました。
昨日の深夜に更新したバージョンだと何故か文字が荒かったので,新しく編集し直してさっき取り替えときました。昨日の深夜から先ほどにかけて画像をダウンロードしたり壁紙に設定したりした奇特な方は,もう一度画像を落としていただけるとありがたいです。
さすがに重過ぎるとも思ったので,少しだけ軽くもしときました。しかしなんだかJPEGの圧縮率をどれくらいに設定していいか迷うところです。圧縮率を小さくしたからといて,元の画像がそれほど綺麗にピントがあっているわけでもなく。結局は自分の感性(というかむしろ勘)です。すいません。
00:30  |  PC  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.27 (Sat)

指揮者アシュケナージ

今日は練習終わってから梅田に行ってました。
プーランクの『ピアノと木管五重奏のための六重奏曲』の楽譜を購入。
あと,CDも相当数買いました。
その中でも今日一番ぐっときたものは,アシュケナージが振ったシベリウスの交響曲全集。
タワレコのセール価格で5枚組み2,990円でした。かなり即決で購入。
聴いてみるとやはりアシュケナージの音色はシベリウスに合うと再確認できました。アシュケナージでシベリウスの管弦楽小品ばっかりを集めたCDを元々持ってたんですが,やっぱロシア出身なだけあってアシュケナージの透明感ある音色はシベリウスに合うと,前々から思っていたのです。

最近アシュケナージの指揮を再評価しようとする試みが自分の中にあります。以前は,アシュケナージはピアニストとしてはとても好きだった反面,指揮者としてはあまり好きではありませんでした。そんなときテレビでやっていた,N響の音楽監督にアシュケナージが就任したという特集かなんかで初めて彼の指揮を見たのです。指揮法も少しばかりながら勉強している俺としては,彼の独特な指揮のスタイルがとても気になって,先生に尋ねてみました。
「何でアシュケナージはああやって高い位置で棒を振るのですか?」
すると,先生は,アシュケナージはオケが出した音色を壊したくないのだろう。ああいう風に包み込む形で振るとオケの音色を壊さないですむから。と教えてくださいました。それを聞いて,俺がこれまでアシュケナージの指揮を好きになれなかったのは,初めて聴いた彼の振った曲がショスタコーヴィチの交響曲第5番だったからではないかと思いました。思うに,ショスタコの曲は彼の魅力を味わうのに適していないのでしょう。ショスタコを聴いて持ってしまった彼の指揮のスタイルへの悪い先入観というものが,今,彼のシベリウスを聴いてますます融解していくのを感じます。
これからアシュケナージがN響をどういう風に育てていくのか非常に楽しみです。いつか生で聴く機会があれば是非聴いてみたいものです。できればシベリウスを。
23:12  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.27 (Sat)

ネット上でのプライバシー管理についての考察

もっとんのBlogに俺が写っている写真がアップされてました。
そんなに鮮明な画像でもないし,俺はそんなに不快な思いをしたわけでもないんですが,ちょうどいい機会だと思うのでネタのとっかかりに使わせてもらうことにします。

その昔,僕がインターネットの世界に入り込んだ頃は,インターネットというものが今ほど一般的なものではなかったのですが,当時はネット上に自分の本名や顔を乗せることに対して,みんな非常に慎重でした。
最近は,ネットというものがとてもメジャーなものとなり,ネット上で本名を使用したり,自分の顔を出したりすることも少なくなくなってきました。考えてみると意外な結果のような気がします。ネットに親しむ人が多ければ多いほど,そういうプライバシーに関しては慎重になるべきのような気がするんですが。
とはいえ,そういうことを考えながら俺も昔より考えが甘くなってきたみたいなので,顔が割れたくらいで大した問題は無い気もするのです。
この辺のネットプライバシーに対して皆さんの考えが知りたいです。コメント求む。
00:22  |  PC  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.25 (Thu)

紅葉@箕面

今日は午前中授業が無かったので,もっとんと箕面の滝に行ってきました。ちなみにもっとんにアポ取ったのは日付が変わってからでした。
証拠写真↓
20041126000354.jpg


今年はなかなかすぐに寒くならないので紅葉は微妙かも知れません。まぁでもそのうち出来のいい写真をGALLERYにアップしようかとか考えていますが。来年は嵐山とかに行ってみたいです。

しかし早起きして山登り(といってもそんなに急な勾配はありませんが)するのは気持ちが良かったです。定期的にこういうことをしてリフレッシュするのも良いと思いました。
23:56  |  日記  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.24 (Wed)

数当ての問題

今日代数学の時間に先生がレポート問題を配られました。
レポート問題に心を奪われたら良かったのですが,残念ながら俺はそのレポート問題についていたクイズに心を奪われました。
その問題は,簡単に説明すると(転載みたいになってしまうけどいいのかなぁ?まぁ有名な数当ての問題って書かれてたから大丈夫かな・・・),まずトランプから2枚のカードを抜き出して,その2つの数字の積を書いた紙をA君に,和を書いた紙をBさんに渡します。それを受け取ったあとの二人の会話が,
A「僕の紙からは2つの数字が特定できないなぁ」
B「私も紙からも数字の特定はできないけど,あなたが数字を特定できないということは分かるわ」
A「えっ,それなら分かったよ」
B「ああ,じゃぁ私にも分かったわ」
となり,この会話から2枚のカードがなんだったか特定するというものです。ただしトランプのAは1,J,Q,Kはそれぞれ11,12,13と扱います。
考えていくと,本当に1通りしか残らないんですよね。見つけたときはなんだかすごくうれしかったです。
昔からこういう「中学入試」に出てきそうな数学は大好きです。これと同様に大学の精密な数学にももっと興味を持てたらいいと思います。なんだか少しやる気が出てきました。中学入試に出てきそうな数学ですが,本当に深くやるとするなら非常にたくさんの知識とセンスが必要ですもんね。知識は勉強して得るものですし,センスは勉強で磨くものですから・・・。

ところで,先生はこれをはじめとするすべてのクイズ問題(研究問題と書いてあるものを除く)を解いた者にプレゼントを下さると仰ってますが,この次の問題に「これを一般化しなさい。(たぶん未解決問題)」とあります。これに(研究問題)と書いてらっしゃらないところを見ると,もしかして未解決問題を解かなければならないということですか?一生をかける覚悟がいりますね(笑)。
23:59  |  数学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.24 (Wed)

ヴァーチャル・リアリティ

もうすぐドラクエ8が出るんですが。
買おうかどうか非常に迷ってます。
というか,買ってる場合じゃない気もします。
それよりも桃鉄USAが欲しかったりもします。
そういえば最近まったくPS2に触っていません。
ま,ゲームなんてやらないに越したこと無いんですが。

近年のゲームの進化はすごいものがあると思うんですが,俺はゲームがリアルになればなるほどゲームに魅力を感じなくなってきた人です。他にもそういう人はいるのではないでしょうか?だから俺はFFよりはDQが好きだし,桃鉄やみんGOLみたいに,リアルにはなれどフィクションであることを絶対忘れないようなゲームはいまだに好きです。
ゲームは仮想現実であるからこそ楽しいのかも知れませんが,あくまで仮想であることを忘れてはならないと思うのです。僕見たいな考えをする人が多いからゲームボーイでファミコンの復刻版が流行ったりするのでしょう。ここにもシンプルイズベストの精神が適応できると思います。単純なものほど面白いのでは。

なんか話がすごい方向に飛んだなぁ。オチはないけど。
02:11  |  思考  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.23 (Tue)

水曜どうでしょう

昨日の夜は更新できなかったのですが,それは某北海道出身の先輩の所有しているビデオを皆で見ていたためです。
やべぇ,面白すぎ。http://www.htb.co.jp/suidou/
14:48  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.21 (Sun)

アンサンブル能力

本指揮二日目。今日は朝からロッシーニの序曲でした。なんだか上手くアンサンブルができなかったと思います。今日は昨日と場所が違って,反響の時間差がすごく気になりました。弦と管が特に合わなかった。
予定では12時まで朝のコマがあったはずなのに15分ほど早く先生が練習を置いたのは,オケとしては猛省すべきことだと思います。せっかく先生が来てくださっているのに,こっちがこんなレベルでは話にならなかったということではないのでしょうか?

話は多少飛ぶけれど,昨日は本指揮の前に阪大オケとは違うところで木管五重奏の練習があったのです。そこで俺は拍を見失ったんですが,Hrの方が俺がずれているのは分かっていつつ,仕方ないから自分も一拍わざとずれて合わせてくださって・・・俺的にはとても申し訳なかったのですが,オケでの合奏中でもこれくらいのフォローがお互いしあえたら理想だと思います。確かに難しいですが・・・もう少し他のパートのことを聴けたらいいなと思いました。もちろん俺も。先生に諦められないようにしたいですね。
22:45  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.20 (Sat)

『ベートーヴェンの交響曲第8番』という名の化け物

Blog書いているのは夜中なんですが,後で見返すときに面倒なので20日の時間に改竄しときます。
今日はベートーヴェンの初本指揮(本番の指揮者さんに指導をしていただくこと)でした。何故かめちゃくちゃ緊張しました。練習でこれまで経験した中で最高レベルに緊張しました。
なんだか『ベートーヴェンの交響曲第8番』という名前の化け物に睨まれているような気がしてきて,「少しでも隙を見せたら喰われる!」っていう感覚でした。最初の通しで1楽章の途中にあまりの怖さに本気で泣きそうになりました。まぁ3,4楽章で多少喰われてしまって(苦笑)からは諦めがついたのか,1楽章から細かく返しているときは比較的大丈夫でしたが。
ベートーヴェンの怖さを思い知りました。しかもベートーヴェンに限らずともシンフォニーのトップってのは初めてだから余計に大変なのかも知れません。これではフルートのセカンドだけでなく他のパートにまで不安を与えると思うのでもっとしっかりしなければ・・・。口だけではなく,せめて自分のパートのセカンドだけにでも「安心して俺について来な」と心の底から言えるようになりたいです。大変ですが。
23:15  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.19 (Fri)

クリスマス・ソング

まだ早いなぁと思いつつ・・・もうクリスマス用のCDを引っ張り出してきてしまいました。今年こそWHAM!のLast Christmasを歌えるようになりたくて。
どうしてもメロディーの部分が覚えきれないんですよね~。QUEENはそれなりに歌えるのに・・・。
でもカラオケとかにいって友達が洋楽を歌ってるのを聴くと微妙にへこみます。俺は結構ごまかしごまかし歌ってるのに,友達の中には細かいとこまで発音してる人がいるし。
英語を勉強し直したいなぁと思いつつなかなか実践できません。まぁカテキョで生徒に教えるくらいはまだできるので,頑張って忘れないようにせねば。で・・・欲を言えば喋れたら良いのに・・・。
22:28  |  日記  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.18 (Thu)

お風呂。

昨日久しぶりにお風呂にお湯を張りました。そろそろ寒くなってきたのであったかいお風呂に入りたかったのです。
こういうときはつくづくお風呂とトイレがセパレートの部屋で良かったと思います。みうみうの部屋みたいにユニットだと風呂でゆっくりするわけにもなかなかいかないのでは?
それでも実家の風呂とは大きさが全然違うので,たまには大きな風呂に入りたいと思います。
贅沢だとは思いつつ入浴剤が好きなのでまた買ってこなければ。
23:56  |  日記  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.17 (Wed)

ピアノ協奏曲

こないだ打楽器のKさんからラフ2の良いCDを持っていないかと聞かれてから久しぶりにラフマニノフを聴いているんですが,やっぱりラフマニノフのピアノコンチェルトは良い曲です。有名な2番と3番しか持っていませんが。
実は高3のときは受験勉強しながらいつもラフマニノフのピアコン2番を聴いていました。そんな話を以前ベースの後輩にしたところ,なんとその子も受験のときに同じことをしていたらしくびっくりしました。
でも以前この曲を関西医科学生交響楽団ってところで演奏したときに思ったんですが,ラフマニノフって元々ピアニストだっただけにオーケストレーションが少し下手ですね。他のパートとフレーズを受け渡しするのが難しかったです。ピアノだと基本的に一人で弾くから自分の思うとおりにアゴーギグができるけど,二人以上の人間が同じことやるのは大変なのです。ショパンのピアノ協奏曲はラフマニノフ以上にその辺が難しくてあまり取り上げられないんだという話を誰かに聞いたことがありますが。
昔ピアノを習っていたせいか,CENは基本的にピアノ協奏曲が大好きみたいです。好きなほうから5つ挙げるとこんな感じ。

1位 ブラームス:ピアノ協奏曲第1番ニ短調
2位 シューマン:ピアノ協奏曲イ短調
3位 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番ハ短調
4位 モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番ハ短調
5位 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調『皇帝』

といったところ。昔はラフマニノフのピアコンは3番の方が好きだったんですが,なんだか最近はやっぱりああいう派手系は苦手になってきたのかも。やっぱりシンプルイズベスト・・・なんでしょうか。
23:58  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.16 (Tue)

けん玉の技。

何を隠そうCENはけん玉の有段者だったりするのです(・・・と言ってもまだ初段だから偉そうなことは言えませんが)。
知り合いのサイトのBlogで俺が尊敬するけん玉の先輩の新技が紹介してあったので真似してみました。
20041116235207.jpg

合成でもなければ接着でもありません。

机の上が汚いのには触れないでください・・・。
23:54  |  けん玉  |  TB(1)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.16 (Tue)

第9

時が経つのは早いもので,今年ももう第9の季節になりましたね。
今日木管部屋に1回生用の第9の楽譜が置いてあったので拝借してさらってみました。考えてみりゃ今週末は本指揮さんをお招きしての練習があるのに・・・。
まあいっか。ベートーヴェンの8番をやる上で9番をさらってみるのは何か意味があるはずだ!

某びよらーの方に言わせると俺は毎年第9をさらいはじめるのが早いらしいのですが,確かにそうかも。
なんだか年々この曲が好きになりつつあります。実は最初はこの長い曲が苦手だったんですよね。聴かず嫌いだったというか。でも聴けば聴くほどいいですね。
最近,単純な主題ほど聴いてて飽きないのではないかという気がします。第9で一番有名な4楽章の主題だって,ほとんど音階をつなぎ合わせただけの主題なのに全然飽きないですし。
シンプルイズベスト。単純な主題を美しく聴かせるのは奏者の役目でしょうか。純粋な美しさを壊さずにカタチにできるような奏者になりたいです。
23:17  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.16 (Tue)

ゆとり教育?

今日カテキョで生徒に理科の天体についてを教えていました。
その問題集に出ていた問題でこのようなものがありました。

問)透明半球を使って太陽の動きを観察すると以下のようになった。この図でA~Dのうちどれが北であるか答えよ。

一見どこがおかしいか分からない方もおられるかも知れませんが,
実はこの問題,観測地点がどこであるか明記していなかったのです。日本とオーストラリアでは答えが違うということになりますね。
こういう問題を平気で載せているのは子供に対して失礼だと思います。最近ゆとり教育だなんだ言ってますが,子供がそんなに馬鹿だと思っているのでしょうか?
ひねくれていた中学生時代の俺なら『この問題は間違っている』と答えに書いたくらいの設問です。

でもそんな今,文部科学省などと言う機関は子供の『ゆとり教育』ってのを口をすっぱくして主張しています。そして,学習内容の削減の代わりに“総合的な学習の時間”の導入をして子供に『生きる力』を身につけさせようとしています。
しかし俺は思うのです。幼少の頃に強いられる教育に対して努力をしてこなかったような連中が果たして生きる力を持っているのかどうか。ゆとり教育で学習内容を削減すると,却って子供は努力をしなくなると思うのは間違っているのでしょうか?

勉強はできるできないが問題なのではなく,やるかやらないかが重要だと思います。

ま・・・そう考えると今の俺はダメ組に入るんでしょうが・・・。
01:01  |  教育  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2004.11.15 (Mon)

Blog開始

レンタル日記に変えたところで慌しいが,今流行のBlogを始めてみることにした。
読みやすいBlogを目指して頑張ります。
15:33  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。