2005年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.31 (Sun)

昨夜見た夢。

演奏会でブラ1のファーストを吹く夢を見ました。セカンドは美王子でした(一応補足。“美-王子”じゃなくて“美王-子”ね)。
何でだろう。今更こんな夢を見ることにびっくりです。

実は,第84回定期演奏会では僕がメイントップを吹く・・・という話もあったのです。眠り姫さんが研究室で忙しいから「CENくん吹く?」みたいなことを仰っていたのですが,「やっぱり眠り姫さん今回で最後だし」ということで結局その話は立ち消え。僕は結局その定期演奏会では中プロで大好きなベー8の1stを吹けたので大満足・・・だったと自分では思っているのですが,やっぱりブラ1第4楽章のあのソロには未練があるのでしょうか。

演奏会じゃなくて,しかもたった一度で良いからあのソロをオケの中で吹いてみたいです。オケの響きの中をフルートの音が突き破っていくイメージ(実際そういう吹き方をすると力みすぎで却って聴こえないでしょうが・・・)。
これから,まだまだ長いはずの人生の中で,自分が1stフルートとしてあの曲に逢い見えることはあるのでしょうか。でもせっかくブラームスやるなら2番か,1歩譲って4番がやりたいなぁ・・・と思ってる辺りが目立ちたがり屋の性なんでしょうね,きっと。

最近,美王子も相当ブラ2を吹きたがっているということを知りました。俺,そんな趣味まで教育した覚えは無いんやけどなぁ・・・。来年ブラ2なんか通ったら悔しくて聴きに行けんかも知れん(笑)。
スポンサーサイト
21:12  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.31 (Sun)

俺とピアノ。

昨日のエントリーはちょっとはじけてしまったので,今日はまた真面目なことを書こうかと思います(^^;

最近友人のBlogに「久しぶりにピアノを弾いた」的なことが書いてあって,インスパイアされて俺も久しぶりにピアノを弾いてみました。

ご存知の方も多いかも知れませんが,実はうちの下宿には生意気にも電子ピアノがあるのです。
↓こいつ。どうでもいいけど画像使うの超久しぶりやなぁ。
piano


実は受験生時代には毎日のように弾いていました。良いストレス発散でした。中2の時にレッスンを辞めてそれから独学なのですごくへたくそですが,本当に音を並べるだけならある程度できていたと思います。
当時弾けた・・・じゃなくて音を並べることができた曲の中で一番難しいのはショパンのノクターン第2番ですかねぇ。でも,本当にあくまで並ぶだけです。左手の和音なんか構成音のバランスを考えずに弾くからただの音の羅列になってるし,そもそも音色などあまりこだわれない。曲の最後で右手が「Ces-B-C-A」の動きをひたすら繰り返すところなんか相当誤魔化しててカッコ悪すぎる・・・みたいな感じなので,まさに自己満足の世界でしたが。
久しぶりに弾いてみました。さすがにまだ割と手が覚えていますね。やはり並ぶ分にはある程度並びます。

でも久しぶりに弾くとやはり楽しいですね。電子ピアノのタッチがだんだん気に入らなくなってきてピアノから遠ざかってしまったのですが,せっかくちょっとでもできるんだから忘れてしまわないようにしないとねぇ。

昔はフルートの楽譜なんかよりも断然ピアノの楽譜ばかり買っていたのに,最近はめっきりですね。一番最近買った楽譜が,1年半前だったか2年半前だったかの正月に買った森山直太郎「さくら(独唱)」の伴奏譜。思いっきりポップスかよ(笑)。誰か追いコンでメロディー吹きor弾きませんか?音域的にオーボエかヴァイオリンが良いと思うのですが。伴奏しますよ~。

さて,ピアノの練習を再開すると決めたんだから目標をここに掲げておきます。エンニオ・モリコーネ作曲の「愛を奏でて」(映画「海の上のピアニスト」より)を再び弾けるようになろうと,こないだ実家から楽譜を持って帰ってきたはずなのですが,どこに消えたんだろう?高校時代に放課後音楽室で弾いていて,kayaに「愛を奏でんといてや!」と理不尽な(いや,尤もな・・・)ツッコミを入れられた思い出の曲でもあります。楽譜出てきてください・・・。

でも,くよくよしていても仕方が無いのでショパンの「告別のワルツ」を練習します。弾けるように・・・もとい,音を並べられるようになってやる。


で,久しぶりにピアノの音が聴きたくなって家では最近よくショパンを聴いていたのですが,それでは飽き足らず,今日アンサンブルの練習の帰りに梅田で前から欲しかった曲のCDを購入してきました。それは,シューマンの「ピアノ四重奏曲 変ホ長調 作品47」です。
1年ほど前だったか,ベルリン・フィルのコンサートマスター安永徹さんが神戸新聞松方ホールで室内楽の演奏会(メインはリヒャルトのピアノ四重奏曲)をやったときに,アンコールでシューマンのピアノ四重奏曲の第3楽章をやっていたのですが(どうやら他の会場ではそれがメインの時もあったらしい),その時からずっと気になっていて,でもなかなか買う決心がつかず,今日やっと買ってきたのです。

すると,某VaトップくんのBlogに書いてあった「ミュージックバトン」で今のBGMがシューマンのピアノ四重奏曲だと言うからびっくり。よくこんなマニアックな曲を(^^;
シューマンはピアノ五重奏曲のほうが有名みたいですね。いろんなとこで四重奏のCD探しましたが,どこでも五重奏の方がいっぱい見つかりましたから。このピアノ五重奏曲はまだ聴いたことありませんが,やはりピアノを含む室内楽って良いですよね~。他にも大好きな曲が沢山あります。いろいろ引っ張り出して,勉強のBGMにしたいと思います。

しばらくまたピアノにはまりそうです。
00:28  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.30 (Sat)

萌えバトン

某クラリネット4回生男子○やくんから回ってきました。どう考えてもパソコンのキーボードでHとCは間違えようが無いと思うのですが,まぁそれは置いといて・・・。

せっかくなので答えようではありませんか。
もっとネタを温めてから書こうかとも思いましたが,そもそもこういうのは無理に狙わない方が面白いと思うので,今何も考えずに書いてしまいます。


1.萌え属性を正直に答えよ
童顔。
髪の触り心地が良さそうな子。特に猫っ毛(ウコッケイではなく)が大好き。
つくところにはちゃんと肉が付いている子(二の腕とか特に)。

2.萌え衣装を答えよ
ちょっとキツめの白ブラウスにバーバリーチェックのミニスカート。紺の長すぎない靴下に,奇抜でないスニーカーとか履いてると尚良し。
あと,背中の肌が見える服に非常に弱いです。

3.萌え小道具を答えよ
リード(シングル,ダブル問わず)。
一般人なら細身のシャーペンとか。
弦楽器なら弓。

4.萌え仕草を答えよ
リードを舐めたり楽器を口にくわえてたりすること。その状態で(いや,他の楽器でも)ザッツを見るために上目遣いとかされるともうこっちは吹けなくなりそうになります。中学校時代からこれは全然変わりません。
一般人なら細身のシャーペンを唇に当ててたりすること。
弦楽器ならボーイング。弦の上を滑らせて弾いている感じが好き。女の子じゃないけどS藤さん(懐かしい!)のボーイングとか大好きでした。それに,弦楽器と言えば楽器をアゴに挟んで弓の張力を調整している様子も相当良いですよね。
あと,全然関係無いですがあぐらかいて座ってる様子が大好きです。
でも一番好きなのは「先輩☆」とか「先輩♪」と呼んでもらえることです。萌え仕草多っ・・・。

5.萌え場所を答えよ
とりあえず暗いとこ。ホール(特にアルカイックとか姫路文化センターの舞台袖)。映画館。夜の公園。人気(“にんき”・・・じゃなくて“ひとけ”)の無い海。


なんだか相方に見られたら血を見せられそうな回答ですが,まぁ「萌え」ることと浮気は全く関係ないので問題ないでしょう。

それよか,これから木セク中に女の子が目を合わせてくれなくなったらどうしよう・・・。


まぁそれはと○くんのせいにして,俺も次の犠牲者を決めよう。
まずさき。貴女はこういうの得意なはず。で,ついでに女の子に回そうか。R.シュトラウスの管セレで目を合わす機会のあった某後輩(ごめんなさい・・・いや,なんとなく謝らなければいけない気が・・・),フルートパートの腹黒い妹さん(もっと演奏中に目を合わす機会が欲しいなぁ・・・あ,いや,ごめんなさい),あとヴァイオリンで俺とは“じぎゃっきー”仲間の3回生さん(今度室内楽でもやりませんか?って下心丸見え)。昨日萌え場所(暗い部屋の中)で更新していたため調子に乗って妙なとこに回そうとしていましたが,今冷静に考えると相当嫌な先輩なのでこれ以上俺の評価を下げるような真似はやめとこうと思います。興味を持たれた方だけ答えてくれたら嬉しいなぁ(笑)。
で,オケはもう放っておいても回るだろうので,後は数学科の空手家さん。よろしく。
01:08  |  思考  |  TB(1)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.30 (Sat)

選曲も大詰めか。

もうすぐ曲も決まりそうだし,もう今日はあまりイライラはしませんでした。もう悟りに近いものを開きつつあるのかも知れない。今日開いた悟り。

「どのパートにも事情があるんだから,もう後は自分の信じる曲を推す。」

以上。
皆それぞれに考えがあるんだろうから,何に決まっても良い演奏会に出来るよね。きっと。

自分の意見を正当化する文章を書くのは簡単だけど,そんなことをしなくても皆がそれぞれ真剣に考えてるんだから誰も恨みっこ無しなのは当然だろう。きっと来週で決まる。それまで皆でまた真剣に考えよう。で,決まったら決まったで真剣に曲作り・・・いや,演奏会作りに取り組もう。これで万事オッケー。のはずだ。


でも曲目の決定は本当に慎重にしないといけないと思う。
なぜなら,第86回定期演奏会の日取りは,実は京○オケの定演(京都公演)の日程とかぶっているのだから。プログラムは立派な武器。ちゃんとお客さんを確保するためにも「聴きに行きたい!」と思うようなプログラムを組まなければ。まぁ,その点でメインの「悲愴」は強いと思いますが,その強いメインを生かすか殺すかは前中次第なので。

ただ今日,某打楽器奏者が言っていた「お客がどれだけ入るかじゃなくて,来てくれたお客さんにどれだけ良い演奏会を提供できるかの方が重要」という言葉も一理あるなぁ。元広報チーフの俺としてはやはり前者も重要にして欲しい気がするが(^^;


そうそう,打楽器が出てきたから思い出したけど,今日の選曲で俺が発言した「悲劇的はピッコロ15小節しか無い上に,二分音譜の羅列ばかりなので本指揮ゲネ本で勘弁してください」というセリフは,もしかして打楽器やトロンボーンの方からすれば勝手な意見だっただろうか?
今,悲劇的のスコアを冷静に見返してみて,トロンボーンとチューバの扱いも,ピッコロほどではないものの,やはり似たようなものだなと思った(スコアを参照されたい方はここをクリックしてください。)。
前からずっと思ってたんだけど,出番が少ない楽器の練習での扱いって何であんなに悪いんだろう?出番が少ないんだからトレーナーや指揮者さんだってもっといろいろ言ってくれたらいいのに。めちゃくちゃ長い時間待って,ちょっと吹いて,流されて,またまためちゃくちゃ待って,今度は吹く機会も無く練習が終わって・・・なんてことは実際ピッコロ吹きにとって日常茶飯事(打楽器のサイドや古典もののペットボーン及びチューバにとっては多分さらに日常茶飯事)。
教育実習期間中の日曜日にこちらに帰ってきて練習参加して,結局何も触れてもらえずに帰ったときは本当に腹が立ったし。
何も触れないのなら「もう今日は出番無いんで帰っていいですよ」と言われるのが一番良い。悲劇的のピッコロは間違いなくそんな存在。
アマオケなんだから同じ拘束時間に対してファーストヴァイオリンとシンバルが同じだけの給料が出るわけではない。なので,出番が少ない楽器はできるだけ早く片付けてくれるなり,練習する箇所の計画を綿密に立てて休みの日を作るなりしてくれても良いのでは無いだろうか・・・。
出番の少ない練習の長い拘束時間に甘んじてきた同士の方々,今日の俺の発言に腹が立ったなら心より謝罪します。でも今こそ立ち上がるときではないでしょうか。

同志求ム。
00:15  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.29 (Fri)

うなぎー・・・。

このBlogには書かなかったものの,方々で言いふらしていた通り俺はあんなにうなぎを食べたがっていたのですが,結局ローソンのおにぎり「うなぎまぶし」くらいしか食べられませんでした。やはり自宅生は割とうなぎ食ってるみたいですね。うらやましいぞー(><)

教育実習中へとへとになっていた時に親が用意してくれていたうなぎの味を思い出しながら今夜は枕を濡らすことにします・・・。
00:52  |  日記  |  TB(2)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.28 (Thu)

はぁ・・・。

今日(日付的には昨日)は次の選曲会議の選曲案締め切りだったのですが,本当にどうなるんだろうなぁ。
友人の某弦楽器弾きは自分がトップだった頃,あまりに管楽器のシートの問題やらが大変なので「自分が選曲に出ている意味があるんだろうか?」と思ったらしい。

それ考えたら俺もそうな気がする。
結局は他パートのシートの問題で本当に大好きでやりたい曲をまともに挙げれたことなんて殆ど無い。

前中だって,本当はやりたい曲が沢山あった。クープランの墓,火の鳥,ロザムンデ序曲,真夏の夜の夢,チャイコのVnコンチェルト,シューマンのピアノコンチェルト,スペイン奇想曲・・・死ぬまでに全部できるんだろうか。


正直最近本当に腹が立っています。
キタナイ感情ばかりが湧き出てきて,自分の中でそれは傲慢だと言っている自分と,それは尤もだと言っている自分がいて,もう収集がつきません。選曲会議当日までになんとか気持ちを落ち着かせなければ。


そんな日はオケじゃない曲を聴いて気持ちを落ち着かせるのが一番でしょうか。

B.G.M.はショパンのノクターン16番。ショパンのノクターンの中では一番美しいと自分で勝手に思っている曲。いつもお世話になっています。
02:53  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.27 (Wed)

そう,例えば学生会館の前でヘッドスライディングをするようなこと。

某友人から,『最近CENくんのBlog上での数学トークに間違いが多く発見されるので心配』という内容のことを言われました。
あんなに間違いが多いと「こいつは分かっていない」ということになる・・・というのが彼の心配なのだそうですが,まあ俺としては「分かっていない」のは事実なので別にそう思われるのは嫌ではありません。

このBlogが,数学について解説をしているような内容のBlogだったら間違いが多いのは問題かと思いますが,別に俺はそこまで厳密なことも書かないし,ただ自分の考えたことをそのまま出しているだけです。別にこのBlogに書いてある数学論を鵜呑みにする人は居ないし,そもそも居たとしてもあくまで数学で一番重要な「厳密なこと」は書いていないので問題は無いかなと思うのです。

実際過去にこのBlogに投稿した数学の話を見直してみても,大したことは書いてません。一つだけなんか自分でも「えっ?」と思う表現があったのですが,それは

>トーラス・・・簡単に言うとドーナツみたいな形をしている曲面のこと。

という表現でした。そもそもトーラスは曲面である必要はない(はず)です。でも,これにコメントしてくれた方の投稿を見ていると,実際この表現で良かったのではないかと思います。エントリーの内容からも考えて,これが書かれたエントリーは「数学を専門としない人」を対象にして書かれたのは明らかです。なのでトーラスの説明も敢えて間違ったような表現を使った方が分かりやすいと思いますし。

学生会館の前で自分の不注意でつまづいてヘッドスライディングをしてしまったとしても,それが誰にも迷惑を掛けずに,いくら失笑とは言えど周りの人々を笑わせることができたならそれはそれでいいと思うのです。(でもあの時はひじからの流血で不快な思い&心配をさせてしまった申し訳ございませんでした>関係各位)


なんか,話がずれてしまいましたが,結局のところ俺はこの場で何か間違った発言をすることは基本的に恐れていないのです。情報化社会と言われる今の世の中で,自分が信用する情報の取捨選択は個人の責任だと思いますし,俺が本当にまずいことを書いてるなら偉大な先輩や友人(もしかしたらもっと偉大な教授まで・・・)がツッコミをくれるだろうと思っているので。

まぁ,既に皆から諦められているならどうしようもありませんが・・・っていやいや,そんな他力本願ではなく自分でも努力はしているつもりですが,なかなか僕の努力ってのは足りていないようなのでこれからも多くの間違いを投稿するものと思います。それでも減らしていこうと思うので気長にお待ちください。
02:01  |  数学  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.25 (Mon)

で・・・その後。

今日は友達と遊びに行く約束がありました。
といっても,石橋でカラオケにいっただけですが。
当初の予定だった三人のうち一人は木曜にあるゼミの準備が思っていたよりヤバいからとドタキャン。仕方ないので二人で行ってきました。

この後,長いです。興味のない人は見ないでください。

でも,朝あんな状況で家を出てきたわけだからまさか風呂に入っている余裕があったはずがなく,やっぱり気持ち悪いからシャワー浴びたいなー・・・と思って友達に言いました。

「シャワー浴びたい。」

そうしたら友達は嫌な顔一つせず,

「俺その間どないしろと?」

・・・まぁこいつなら気を遣わないでいいかと思って汚い汚い俺の部屋に来てもらって,何ももてなさず,自分がシャワー浴びている間放置。その間彼は仕方ないのでテレビを見ていたそうです。何様のつもりなんでしょう,俺。

いや実際,本当に彼は人間ができていると思います。彼ならその気になれば俺を一瞬で沈める力はあるのに・・・。いやはや,本当に強い人間と言うのは人間もできているのですね。

その後,腹ごしらえをしたいという彼とともにマクドにするかミスドにするか迷った結果・・・,ミクドという新しい言葉が偶然に生まれました。結局マクドに行く。彼はセットのポテトもジュースもLサイズにしていた。さすが空手家は消費カロリーが高いのだろう。

で,その後「2番」という意味の名前を持つカラオケボックスに行く。今,生ビールキャンペーンというものをやっているらしく,受付でくじを引く。そうするとおつまみを始めとして,何か一品もらえる。しかも別に生ビールは頼む必要が無いようだ。俺がくじを引いた結果,見事に当たる。でも何を頼もう?さっき腹ごしらえしたとこやのに。

友人に尋ねると,彼も何でも良いというので,仕方なく「ポテトフライ」を頼む。

え?今マクドで何食べてきた?
その数分後くらいには,ネタに走ったことを後悔する。思っていた以上に多い。サイゼでハンバーグとドリアとパスタを一度に食べるほど強靭な彼の胃袋をもってしてもあまり減らない。DAMというカラオケの機種は歌った後消費カロリーが表示されるんですが,ポテトフライのカロリーを考えると・・・というか考えるまでも無く赤字

くじけていても仕方ないので二人でしこたま歌ってきました。
以下,歌った曲のリスト。赤=俺黒=友人

BUMP OF CHICKEN「天体観測」
Mr.Children「cross road」
BUMP OF CHICKEN「プラネタリウム」
V6「believe your smile」
スピッツ「夏の魔物」
SMAP「夜空ノムコウ」
Mr.Children「and I love you」
kinki kids「全部抱きしめて」
ゆず「夏色」
嵐「A・RA・SHI」
L'arc~en~Ciel「HONEY」
kinki kids「硝子の少年」
光永亮太「Always」
GLAY「SPECIAL THANKS」
B'z「FIREBALL」
サザンオールスターズ「勝手にシンドバッド」
Mr.Children「手紙」
kinki kids「僕の背中には羽がある」
DA PUMP「Rhapsody in Blue」
猿岩石「白い雲のように」
QUEEN「Don't Stop Me Now」
T.M.Revolution「HOT LIMIT」
Mr.Children「ランニングハイ」
Mr.Children「Over」
Mr.Children「未来」
GLAY「口唇」

俺はこだわりから全部原キー。良く耐えたもんだ,俺の喉。FIREBALLなんか半ばヤケクソに近い気がする。まぁ一応歌えましたが。しかしどんなテンションやったんやろう。最後なんかミスチルでも低いと思えた・・・。でもやっぱり高音を思いっきり出すのは気持ちいい♪やはりピッコロ吹きといったところでしょうか。いや,何というか,しつこいようですが,俺は「笛吹き」なんですがね。

一方,彼は持ち歌の減少が甚だしいらしく,思い出しながら歌っている節がありました。それでも中々上手かったですが。しかし,歌う前に空手のノリで

「よっしゃ!かかってこい!」
とか叫ぶのは微妙でした。
そのノリで大半がジャニーズですか!


まぁ終わったときには何かやり遂げた感があって清々しかったです。ポテトは必死で全部消費しました。こんなことやってるから太るんだってば。

二人で2時間歌って,計1240円。学割が効いているとは言えこの安さはすごい。やはりカラオケは昼間ですな。

今日はいっぱいをネタに使ってしまいましたが,まぁこないだコメントで俺の一日を暴露されたのでこれでチャラということで問題ないはずです。
22:00  |  日記  |  TB(1)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.25 (Mon)

怖かった・・・。

今日は昨夜書いたようにダブルヘッダー・・・だったわけです。
徹夜も辞さない覚悟でした。実際4時くらいまでは記憶にあります。


が。

今朝気付いたら9時でした。

え!?どういうこと!?
電気ついてるし,クーラーつけっぱなしやし,何でこんな状況で寝てるの俺!?

先週の金曜日にもそれほど焦ることはしなかったのに,今朝はマジ焦りました。まず中途半端で終わっていたゼミの準備を片付け・・・というかテストの勉強もせな・・・
だーっ!!

とりあえずゼミはギリギリセーフくらいのレベルだったと思いますが・・・。テストは持ち込み可だというのに情けないなぁ。ガロア理論の授業だったはずなのに,ガロアの“ガ”の文字も出てこないレベルの答案で終わらせてしまいました。いや,まぁ他にも突っ込むべきところはたくさんあると思いますが。


でも今日は少し嬉しいことがありました。整数論の別のセミナーに所属しているN君が俺のゼミの後に質問をしてくれて,また別の研究室のO君と3人でしばらく考えていたわけです。まぁその問題はまだ結局解けていませんが,俺よりも相当努力をしていて成績も良いN君が俺に質問をしてくれたのが嬉しかったのです。まぁカッコ悪いのは自分でも分かっていますが劣等感というやつです。
せっかく俺に質問をしてくれたのだから,しばらくはその問題についてじっくり考えてみることにします。
21:36  |  数学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.24 (Sun)

明日はダブルヘッダー・・・。

明日は10時からゼミ,13時からテスト・・・のダブルヘッダーなわけです。
今日も夕方から数学科自習室に籠もっていたわけですが,またスピードが落ちてきて帰宅。しばらくゆっくりしてからまた行こうかな。

ゼミの準備をしていてとても悔しいことがあります。置換の積が上手く計算できないのです。確かこれを習ったとき先生は黒板で互換や巡回置換の形のままスラスラ計算してらっしゃった記憶があるのですが・・・俺は一度書き出してみないと分からないのです。どうしてだろう?復習が足りなかったか・・・それともそもそも授業に集中できていなかったのか・・・。
交代群や対称群を扱っていると置換の積を計算する機会が沢山出てくるのですが,計算にこれだけ時間がかかっていると,そりゃぁスピードも落ちてきます。情けない。

そんなこんなでテストの準備にも満足に時間が取れず,歯痒い思いをしています。先生曰く『テストに出席することが重要』だそうですが,いくらそんなことを仰ってくださっているとは言え,持ち込み可のテストであまり解けなくてはさすがに単位も下さらないでしょう。
教育実習で抜けていた部分もあるもんだから,まだまだこっちも勉強せねば・・・。

・・・毎週月曜の恒例行事。今夜も徹夜かぁ・・・?
22:32  |  数学  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.24 (Sun)

選曲。

昨日聴いた時は悲愴に合うのかな~・・・と思っていたマスネの組曲第4番「絵のような風景」ですが,今朝もう一度聴いてみるとこれもありかなと思ってきました。
で,前中のことも考えつつ自分なりにプログラムに筋を通す方法を考えたわけですが,チャイコフスキーのことを調べていくと割と面白いこじつけ方ができました。

実は,チャイコフスキーはドイツ語とフランス語に精通していた母の影響もあって,その二つの言語にも堪能だったそうです。そのせいもあってか,チャイコフスキーの作風はドイツ音楽からもフランス音楽からも影響を受けているようで,実際,交響曲第4番などはフランス的,第5番はドイツ的と言えるでしょう。まぁ,第6番「悲愴」に関しては,そのように様々な音楽を吸収し続けてきた彼独自の世界と言わざるを得ないでしょうが。
そんな彼の「悲愴」をメインに据えたプログラムなわけですから,前中にドイツものとフランスものを持ってくるのも面白いかなぁと。しかも,チャイコフスキーの生年が1840年であるのに対し,ブラームスは33年,マスネは42年ですから,彼と同年代なわけです。さらに,悲劇的の初演は1880年,「絵のような風景」の初演は1873年だそうですので,1893年に完成した「悲愴」にこの2曲が影響を与えてる可能性は大いに有り得るわけです(この辺少しこじつけ)。ハイバリの初演は1873年だから,前プロがハイバリだとなお面白いかも・・・
という話は置いておいて,以上のような理由で前中がブラームス/マスネもありかなと思うのです。

実際聴いてみると割と良い曲ですしね~,マスネ。好きになってきました。
先のエントリーで書いたようなことはまぁ自分のこだわりを前面に出しすぎているような気もするし,ブラームスとマスネが前中に来て,それでどこのパートもそれなりに納得できるなら,それに越したことはないかなぁと思いもします。実際悪いプログラムではない気がしますし。

こういうのを妥協と言うのか?まぁ悲劇的も「絵のような風景」もやりたがっている人がいるなら良いか。
22:24  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.24 (Sun)

反省会と選曲。

もうこんな時間・・・。
今日は晩御飯を皆で食べに行って,その後大学に行って少し勉強したんやけど上手く流れに乗れずに帰宅。いろいろあって気が付いたらこんな時間。何で自分で立てた時間の利用計画って計画通りに進まないんですかねぇ。何かもどかしい。

日付的には昨日ですが,反省会がありました。木管の中で各自発言をしている時間が一番好き。真面目だけど,どことなく優しい空気が流れている気がする。次の定演も頑張ろう。

で,その後木管アンサンブル発表会で,い・・・さんと二重奏。途中ミスったときに思わず顔をしかめてしまった。思いっきりアンケートに書かれた。すいません・・・。定演の舞台の上ではやっていません・・・ってのは言い訳になりませんな。気をつけます。
で,曲紹介もかなりのミス。ベートーヴェンの曲なのに「1972年に作曲された・・・」と書いていました。そんなわけあるかと。1792年の間違いです。すんません。


で,その後は次の定演に向けての選曲。中々進まない。シートの問題もあり,難易度の問題もあり,プログラム的なバランスの問題もあり。
どれを優先するか人によって違うのは仕方ないので話し合うしかありませんが,やっぱ大変ですよね。一度で良いから各自の好み以外の要素を排除した選曲をしてみたいものです。もっと「この曲がやりたい!」っていう意見が聞きたい。その点,今日の「火の鳥(原点版)」は正直面白いと思った。こんな発言をしたらまた敵を増やしそうな気もしますが。

シートや難易度の問題でやりたい曲が出来ないのは,やっぱり個人的には悔しいかな。プログラムのバランスも考えたいし。あくまで,個人的に。でもだからこそ俺はこの意見を主張し続けようと思う。幸いうちのパートの後輩は俺の意見をよく理解してくれてるし。
こちらの都合でプログラムを考えるなら,入場料なんて取ってはいけないのではないか・・・と思う。まぁ,“何を良いプログラムと定義するか”は人によって違うので,それも大変なところではあるのですが。
だから,シートの問題が難易度の問題よりも優先されているような今の状況はやはり好ましくないと思う。難易度は曲の完成度に影響するが,シートの問題はあくまでオケ内部の問題である。ま,何回も言っているように,それは偶然人材が豊富なうちのパートだからこそ言える贅沢な意見なのかも知れんが。

反省会で「今回の選曲は成功だった」と断言する声が聞かれたが,残念ながら俺はそうは思えない。アンケートには選曲に関しての疑問の声が少しでも上がっていたはずだ。

今からでも第82回定期演奏会の時のような素晴らしいプログラムにはできないものかなぁ・・・。
02:24  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.22 (Fri)

院試の願書提出。

今日の15時が院試の願書の締め切りでした。
僕が提出したのは早くとも14時55分よりは後です。

いろんな友人に心配されました。
電話を多数回にわたって心配してくれた上に館下でいろいろ手伝ってくれたT君
記入の進み具合はどうか心配して電話をくれ,なおかつ「一緒にマスターになろうや!」と言ってくれたF君
あまりに心配でバイトを早く切り上げてきたと言う割に,館下でずっとT君と喋っていたD君

これだけ心配してくれる人がいるのは幸せなことですね。
皆さんありがとうございます。


しかし締め切りギリギリになっても余裕オーラを出していた俺は周りから相当びっくりされたようです(→参照)。この根拠のない自信はどこから沸いて出るのか自分でも分かりません。
願書の出来は決して良くはないので,後は当日の出来がカギとなってきます(というか,元々そうだという説もありますが・・・)。
根拠のない自信で頑張ります。


で,気合を入れるために(←建て前)髪を切ってきました。そんで,半年ぶりくらいに染めました。アッシュブラウンなんですが,ヘタレて若干暗いところで止めてしまいました。せめて後1ランク明るい色を入れてみたらよかったかなぁ。まぁ某後輩に若くなったと言われたので,今年の夏は若々しさを取り戻せるように頑張ってみようかと思います。
高3に戻ったつもりで頑張ります。
23:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.21 (Thu)

Himejiってフランス語では「ィメジ」とかって言うの?

今日は授業もゼミの聴講も休んで姫路に帰ってきました。
何のためって,母校の1年生に阪大を売り込むために。

実は先に高校時代の先生から打診が来て,
「1年生で阪大を目指す子がたくさん居るんやけど,阪大についていろいろ喋りにきてくれへんか~?」
と。

まぁ僕が今阪大に在籍していられるのもあの高校のスパルタ教育があってのことだと思うので,恩返しのつもりで行ってきました。
実際,1年生相手ということであまり煮え切らない内容になってしまい,僕もあんまり上手くは喋れなかったです。しかし,予備校のチューターのバイトをやってるという友達のスピーチはすごかった・・・。本職,という感じで。俺なんか居なくても良かったんじゃない?(^^;

で,ある子から「数学科って何をやるんですか?」と訊かれた。予想はしていたもののやはりしどろもどろになりながら,
“(-1)×(-1)=1を証明したりする”とか,“連続であるとはどういうことかを厳密に定義する”とか,“ドーナツとコーヒーカップは同じと見なされる”とか言ってきたのですが,引かれなかったかなぁ・・・。


で,まぁそんなことがあった後,FORUSがバーゲンやってたので寄って帰る。70%OFF・・・すげぇ,その割の良さに惹かれてまた服を買う。FORUSに売っている服はどれも良いが,どれも基本的に高くてこういう機会にしか購入できないし。ともあれ,これで今年の夏はもう服買わなくて良いか。とか言いながらまた買ってそう。。。

久しぶりにペンダントトップも購入。50%OFF。バーゲン最高。というか,やっぱりFORUSは良い。姫路で一番好き。小一時間のうちに沢山納得の行く買い物をしていざ帰阪。実家には(和んでしまいそうなので)寄らず,さぁ今日も下宿で勉強頑張ろう♪





で,今(日付は改竄しているので,実は深夜の1時半)現在やはり願書とにらめっこしています。
まぁ明日の15時までなので何とかなります。
何とかします。

というか,何とかしなければいけません。。。
23:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.21 (Thu)

院試に向けて。

願書を書かないといけないんですが,割と書くのが大変です・・・。これまで勉強してきたことで,なおかつ自分が興味を持ったことを一つ選んでまとめろ・・・という欄があるのですが,なかなか良いネタがありません。皆ここで悩んだみたいですが,皆からなめられているらしい友達も頑張ってるそうなので,俺も頑張らないわけにはいきません。まぁ教授の先生曰くあの願書はあまり合格結果には関係ないそうなのですが・・・。

その教授の先生はこないだのうちの定演に来てくださったのですが,「ピッコロ良かったよ。」と仰ってくれました。ありがとうございます。本当に嬉しいです。

でも,その後こうも言われてしまいました。「君,院試一番やばいよ?」とも。(一字一句同じではないですが,ステートメントは同じはず・・・)。

音楽だけでなく数学でも先生に褒めていただけるくらいには頑張らねばなぁと思いつつ,なかなか努力が足りない状況が続いています。


で,一人では勉強するのが苦手なので,いつもの友達の所にお邪魔させていただきました。彼の説明は相変わらず分かりやすい。彼こそ教育免許を取るべきでは?と思ったり。
みたいなことを彼に言ったら「だめだめ!俺なんか!なめられるから!」・・・なるほど。

で,勉強しながらミスチルの4次元~Four Dimensions~を聴く。ご存知の方も多いと思われますが,実はこのCDはミスチルが4曲の新曲を入れてリリースしたCDなわけです。
で,4曲とも全然違う方向性の曲で,そんな曲を根っからのミスチルマニアの二人で聴いていたわけですが,

俺「これが4次元って意味なんよな~」
み「独立だよね~」
俺「直行しとるんやんな?というか,内積ゼロか。」

数学科でした。
03:46  |  数学  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.18 (Mon)

久々の神戸。

世間では三連休の最終日,超久しぶりに神戸まで遊びに行ってきました。
ぶらぶらぶらぶら歩いたのですが,結局はこれもまた久しぶりに服を買っただけ。でもやっぱり海は良いですねぇ。網干港とは比べ物にならずに綺麗だし。水平線が見えないのが若干残念ですが。観覧車に乗ったら見えるのか?でもまぁ,そうまでして見るのもあれなので見てませんが。

さて,友人がどんどん院試モードに入っていく中で俺もさっさと勉強に集中せんとね。頑張らねば。

でも学館に行ってアンケートも読みたいので,まぁぼちぼち・・・ってことで(笑)。
23:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.18 (Mon)

第85回定期演奏会終了。

また一つ演奏会が終わりました。長い文章ですが,自分の備忘録のつもりで書いたので,読みたくない人は飛ばしてください(^^;

今回は,阪大オケでは初めてピッコロだけで乗った演奏会でした。相変わらず本番ではいつも通りミスをしてしまい,残念に思う箇所もあります(特にペールのアラビア。あいつと2人で吹いたんだからもっと上手く吹けたはずなのに・・・ごめんよ,トップさん)。でも,その後混乱して指をもつらせたことを意外と周りの人からは気付かれていなかったのでそんなにひどくも無かったのだろうか・・・。
まぁ,そうやってミスるのはいつものことなので,あまり凹みはしませんでした。

でも,それに関して考えることがあります。今回の定演でも,周りの人が凹んでいたり,神経質になっていたり,泣いていたりしているのをたくさん見ました。それを見てふと思うのは,「そういえば昔,俺にもこんなときがあったなぁ・・・」ということです。実際,第80回定演の時は自分の演奏に満足ができず,先輩方の前で相当泣いてしまいました。今から思えば,あの時は何がそんなに悔しかったのか分かりません。実際,あの時のCDを聴くと今の自分でもこんなに吹けるかどうか分からないくらいに昔の俺は頑張ってるのですが・・・。
それに比べ,後の定演では80回定演以上のミスを毎回犯しているような気がするにも関わらず,あまり凹みもせず(except for フィンガル),泣きもせず(except for フィンガル),やってきた訳ですが,それは何故なのでしょう?

上でしつこく“except for フィンガル”と書きましたが,あの時は本当に悔しかったのです。何がって,自分の技量が曲に追いついていないのが。それも,基本的な能力が。あれから1年経った今でもあれは本当に悔しくて,今だったら吹けるのに・・・と思わずにいられませんね。まぁでもだからこそ,フィンガルが悔しかったのは一つだけ(他の定演とは違う)そういう状況だった・・・ということで納得できるのです。

でも,ちょっと脱線したので話を元に戻すと,フィンガル以外の定演に関して言わせてもらえば,「自分で納得できるレベルまで持っていけなかった曲は無かった」のです。偉そうな言い方ですが。
フィンガルは,合奏ですら満足できたことが無いのに,他の曲に関しては合奏ではそれなりに満足のいく演奏ができたことがある・・・ということです。

じゃぁ何故,80回と85回では同じように舞台上でのミスがあるのにこんなに考え方が違うのか。これを考えたとき,それは昔の自分と今の自分に於ける「本番」に対する考え方の相違が原因なのかなと思いました。確実に,昔は「本番」に完璧を求めすぎていたと思います。本番で120%の力を出そうとしていました。これは奇跡でも起こらない限り無理な話です。
でも,今はどうなのでしょう?逆に今は「本番」を軽視しすぎてや居ないかと思ったりもします。出番が少ないからと言って舞台上で眠くなってみたり(プロはよくやってますが・・・),本番が近づいてもあまり緊張しなくなってみたり。

今回の定演では,身の周りに本番でいつもより良い演奏をする人がいっぱいいました。それは本番に対する思い入れがあってこそのものかも知れません。
じゃぁ,俺はどうなのか?今の状況なら,大失敗こそしないものの,練習以上のものは間違いなく出ないと思います。それはちょっとマズいのではないかと思います。


定演が終わって,打ち上げ会場に行く前に,前から欲しいと思っていたCDを購入しました。マリス・ヤンソンス指揮/バイエルン放送交響楽団のチャイコフスキー:「悲愴」です。
そう,次の定演のメインです。これで僕が所有する「悲愴」は5枚目になります。この組み合わせは秋に生で聴きに行く予定なので是非聴いてみたかったのですが,値段が多少張ったので買い渋っていたのです。今回,自分へのご褒美に(?)と思って買ってきました。
最近,やっと「悲愴」が好きになってきました。前から嫌いではなかったのですが,選曲で通ったときはやっぱり4番がやりたかったという気持ちが強くて素直に喜べなかったのです。
でも既にスコアも買って,四六時中家で聴いていたら,名作と謳われるこの曲のことですから,好きになってくるのは自然の流れとも言えるかも知れません。

最後の定期演奏会は,かの高名なザ・シンフォニーホールです。そこで俺は,阪大オケ生活に於いて最初で最後のメイントップを吹くことになります。
どっかの坊主頭に「ピッコロは上手ぇ」と言われましたが,勘違いしてもらっては困ります。俺の本職は「横笛」です。ピッコロもフルートも同じようなもの。どちらかが上手くてどちらかが下手とかは有り得ません。
そろそろ,俺をピッコロ吹きだと勘違いしている連中に,俺は「笛吹き」なんだと認識を改めさせてやる必要があるようです。

「本番」への思い入れの少なさは,「目標」の不明確さも問題である気がします。阪大オケ現役最後の「定期演奏会本番」では,実力を全て出し切ってみせようではありませんか。そう,俺は「笛吹き」だ・・・と。
01:07  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.16 (Sat)

気が付けばまた定期演奏会。

日付も変わってだいぶ経ちます。また定期演奏会の日がやってきました。
前日練習が終わったときに戴いた1回生からのサプライズプレゼントには本当に感謝です。もう4回生になるけど,あんなことは初めてでした。びっくり。割と殺伐としがちなオケの人間関係ですが,1回生が良い方向に持って行ってくれるのかなぁ・・・とか思ってみたり。

さて,そのプレゼントのお礼に・・・というわけではないですが,今日は下回生の子たちに何かを残せるような演奏が出来たら良いなと思います。僕は昔から上回生にベタベタくっついて色々なものを吸収させていただいたので,今度は僕の番だ・・・と。
まぁそれは自分が2回生くらいのときからずっと思い続けてることですけどね。下回生に限らず,同回生,上回生でも,僕と一緒に演奏してくれたり,僕の演奏を聴いたりしてくれた人に,何でも良いから影響を与えられるようなプレイヤーでありたいと,生意気ながら思ってきたわけで。

ま,上手くはまとまりませんが,演奏は自分なりに楽しくやります。正直あんまりまだ実感も沸かない状況なわけですが・・・きっと明日の今頃には幸せな酒を呑んでいるものと信じつつ。頑張ってきます。
00:43  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.15 (Fri)

Gallery更新。

超久しぶりにGalleryを更新してみました。
今度のはコンシダというよりは殆ど詩のような感じです。

パート紹介に詩をたしなむと書かれてしまったので,久しぶりにたしなんでみました。大した出来ではございませんが,また覗いてやってください。
01:15  |  PC  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.14 (Thu)

もうすぐ定演。

もう今週末に演奏会が迫ってきてるはずなんですが,全然実感がありません・・・。みたいなことを言ったら「失格!」と言われてしまいました。しょっく。

でも実際なんでこんなに実感が無いのか謎なんですよね。やっぱり教育実習で3週間も抜けてたせいかなぁ?
いや,それでも週末の練習はサボっていないはずなのですが。

単純に出番が少ないからか?

う~ん・・・やる気が無いわけではないんですよ。運命のピッコロってのは,「これがやりたかったからオケに入った!」と言っても過言ではないくらいにやりたかったパートなのですが。
しかもペールではずっと前から二人で吹きたかった子とSoliがあるし。二年越しの恋が叶いました。残念なのはフルートではなくピッコロ・・・ってことやけども。まぁ今度の定演でこそフルートで一緒に吹きたいなぁ。

ま,考えても答えは出ないだろうので,楽器も10年目だし,そろそろ演奏会慣れしてきたんだよ・・・ということにでもしておきましょうかね・・・。
一人くらいこういう余裕ぶっこいてる奴が居ても問題ないでしょう。というか,こういう存在も一人くらい重要だってば♪

とか言いながら本番直前の舞台袖でめっちゃ緊張してそうなのが怖いです。いつものパターン。

まぁ,頑張りますさ。今回はピッコロだけですが,一応フルートパートリーダーの名前にかけて。
01:34  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.13 (Wed)

B5・・・。

今日(というかいつものごとく日付的には昨日)はあの後梅田にまで出てタワーレコードとヨドバシカメラに行き,石橋に帰ってきたは良いが阪大坂下の交差点にて○やくんに気付いて会釈したものの向こうは気付いてくれてなくて素通り(というかまさか無視!?)されて,学館に帰ってきて楽器吹いて,その後メシ喰いに行って,別の一部の友人と歌って,家に帰ってきて今日タワレコで買ったDVDを見ている(ちなみに以前某VaトップのBlogで紹介されていたもの)。
この運命やばいわ~。何がってTimpaniが。
これ以上はネタバレなので書けませんが,今日そういえば某VaトップもTimpaniがどうの言ってた気が・・・。やはり皆そう思うのか(当たり前と言えば当たり前だが)。ご覧になりたい方は言ってくださればお貸しします。

というか,今日全然勉強してないやん。今から少しでもやっとかんと・・・。

その前に言いたいことを忘れてた。
B5の印刷用紙って何で最近あんなに市民権を剥奪されているんでしょう?今は何か多くの売り場でA4しか見かけないんですよね・・・。昔からあんなに無かったとは思えないんですが。
元広報チーフ兼印刷係としては何だか悲しい限りです。今日もPCSのチラシを印刷するためにB5の用紙を探しに行ってたのですよ。そう,梅田まで。
皆さんもっとB5も大切にしてあげてください・・・。
01:40  |  日記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.12 (Tue)

自習室お泊り。

月曜の午前3時に理学部の数学科自習室に行って,朝までゼミの準備をしていました。
ゼミはなんか最初上手く始めることができずにテンパりました。教育実習とは全然違う雰囲気に呑まれてしまったのでしょうか?んー・・・まぁ後半からはそれなりに持ち直してきた気もしますが(後半は計算だけだったという説もあり・・・)。また来週は休みで抜けてしまいますが,再来週はもっと上を目指さねば。

で,問題はその後なんですが,軽はずみなことをして友人に不快な思いをさせてしまったようです・・・。
それに始まったことじゃないですが,最近何かと調子に乗ってると思っていたので本当に自重しなければと思っています(だからヘッドスライディングなんかするのです)。自嘲だけならいつでもやってるんですが,それは意味が無いと。石橋は叩いて渡らないと。
まぁ俺の場合叩いてみないと分からないってのが問題のような気もしますが,それは自覚しとけというところでしょうか。

誰かにお灸を据えられないと何もできない性格なので今回は怒ってもらえて良かったです。ありがとうごめんなさい。
皆さんも僕が飛びまわっていたら撃ち落してください(笑)。よろしくお願いします。

そんなことを家でいろいろ考えているうちに二度寝してしまって,気付いてみたら昨日のお昼から何もご飯食べてない・・・。お腹空いてきたなぁ。そろそろ活動を開始せねば。

というわけで珍しい時間の投稿でした。それではまた。
13:41  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.10 (Sun)

自習室。

今日は日付が変わってしばらくする頃まで数学科自習室にこもってました。
あまり収穫が得られたような気がしません・・・。
月曜には久しぶりのゼミがあるのに何か微妙な発表になりそうです。
用意する時間はいくらでもあったのに何をやってたんだかという感じですね。
あぁ情けない。

しかし一旦止まってしまうとそこで足踏みをしてしまうのが俺の悪いとこなんでしょうか・・・。今日もある証明の途中で2時間くらい止まってました。それくらい普通なんですかね?そういえば友達とはそういう話をしたことはあまりないなぁ。誰かコメントお願いします。
01:59  |  数学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.07 (Thu)

Uchida-Ohara予想

今日はゼミのあと館下でμ2とM1のお姉さんと三人で遅い昼ごはんを食べていたのですが,そこでM1のお姉さんと二人である予想を立てました。

Uchida-Ohara予想
集合{美しい女の人}と,{汚れている女の人}のインターセクションが,集合{セレブ}と一致する.
記号を用いて書くと,
{美しい女の人}∩{汚れている女の人}={セレブ}
となる.


誰か証明してください。もしくは反例を挙げてください。
そしたらフィーノレズ賞を差し上げます。
00:55  |  数学  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.07 (Thu)

ヘッドスライディング

今日は楽器ケースを持ったままヘッドスライディングをしてしまいました。
不運にもネタ大好きな後輩が近くにいたのですが,彼女曰く「ずざー」という音が聴こえたそうです。

何とか前回り受身を取り,地面に這いつくばるのだけは避けました。

が,

楽器ケースをかばったために右のひじがずる剥け状態です。
痛いです。

いや,ていうかいろんな意味で痛いです。


でも近くにいたホルンの後輩に「何も見てないよな?な?」と詰問したら,笑顔で「はい,何も見てないです☆」と言われました。良かった良かった。
00:48  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2005.07.06 (Wed)

ふと・・・。

教育実習中に他の実習生の方から「√って何の役に立つの?」というような内容の質問をされて,その時は「自然界に存在する数だし・・・」みたいな返事しか出来なかったのですが,考えてみればあれを知らないとピタゴラスの定理は教えようが無いわけで,そんなことを喋れば良かったのかなと最近ふと思いました。役に立たないように思えても,実は次のステップへの重要な予備知識になっている・・・と。√に限らず数学にはそういうものがいろいろあるかなぁと思いました。

ちなみに,質問された時は√の話から黄金比の話を持ち出して,ピタゴラスはあんな定理を発見したくせにピタゴラス学派は無理数を否定していた上に,実はピタゴラス学派がシンボルとして使っていた五傍星には無理数である黄金比がいっぱい隠れている・・・なんて話までして,さらにはフィボナッチ数列と黄金比の関連性まで軽く喋ってしまったけど引かれてなかったかなぁ・・・。
02:28  |  数学  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。