2005年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.30 (Sun)

忙しかった一日。連戦。

昨日よりは小一時間遅い時間に目覚めたものの,それでも睡眠時間は5時間くらい。俺にとっては若干短い・・・。

眠い目をこすりながら,また阪急で移動。今日は神戸線の方向へ。
伊丹のラスタホールで阪大オケの練習。
昨日と今日で,阪急の宝塚線・京都線・神戸線・箕面線・伊丹線を使った。西宮今津線と北千里線に乗ればコンプリートだったのか(笑)。


10時,稲野駅に着く。
まさかのまさかで方向を忘れている。
太陽の位置と,Vnの2回生が持ってた地図を頼りに歩く。
約10分後,無事ホールに着く。良かった。

10時半,魔笛のtuttiスタート。みんな静かだなぁ・・・。阪大オケで最後になるかも知れない「俺が振る定演練習」は,不本意な内容だった気がする。はぁ。


昼から,悲愴。
これまた喋りすぎたか・・・。いや,(最近2ndフルートよりも立場が弱い感じがするとは言えど)トップなんだから発言してもおかしくはない立場のはずなんだが,上手く周りのパートの意見とかみ合わんなぁ。まぁ,そういう相違点を埋めていくのがtuttiなんやろうけど。

第3楽章ができなかった責任は俺にも大いにあります。打楽器の方,出番無くてごめんなさい・・・管HOCTの方,2便を無駄にしてすいません・・・。


ともあれ,やはり悲愴の3時間tuttiは疲れる。
が,そんなことも言っとれんくて,お次は4回オケの未完成。

昨日サンプラで指揮の練習をしてたときから思ってたことやけど,やはり上手く振れん・・・。
シンコペーションどうやったら合うねん。ちくしょー。

終わってからN嶋に「指揮は問題ないと思う」と言ってもらえて泣きそうになったけど,この言葉を鵜呑みにできるほど俺は自信がなく・・・(棒に関しては特に)。

ま,そんな指揮もN嶋がコンミスをしてくれた1回オケの頃に比べたら少しはマシになってるだろうけど。多分。

N嶋は本番来れないのが残念で仕方が無い。
セーラー服を着てる指揮者を指揮台に放置プレイした長さくらいなら遅刻しても良いから来ておくれ(笑)。


1回オケの時から完成度にばかりこだわってきた俺のスタンスって変わってないんよねぇ。嬉しい反面,悲しくもある。何が嬉しくて何が悲しいのかは上手く文章にできんが。そして,あの頃よりもずっと自虐的になってる気がする。指揮の勉強をあれから3年間ずっとしてきて,指揮者が知らない間にオケに与えている影響のでかさを知ったからだろうけど。

一つ言えることは,指揮者に自信が無かったらカッコ悪いよね。

実は本番まで1週間無いんやけど,悪あがきをして少しでも自信をつけよう。これでも2回の頃からずっと阪大の学指揮やってんねんからできないとは言えないよな・・・とここに書いて自分を追い詰めておこう。


その後,なんだか大勢で石橋に戻り,のりすけさんと久しぶりに会ったあと中爺と二人でテンションの低さに任せて焼肉を食べに行った。ご飯(大)が有り得んくらいでかかった。おかげであまり肉を食べずに安くついたけど。


で,20時からはカテキョ。ごめん,本気で眠かった。
さすがに悪いので30分以上無償で延長して採算をとる。


で,帰宅。
2日分まとめてBlog更新。


さて,風呂入って,今日は勉強せな。
睡魔との闘い。
スポンサーサイト
23:59  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.29 (Sat)

忙しかった一日。

久しぶりに7時台に起きる。
大急ぎで準備して,阪急電車にて一路京都へ。

河原町駅で,去年のシェエラザードでクラトップをやってた方の車に拾ってもらい,練習場まで。同じくシェエラザードで隣で吹かせていただいた京芸のオーボエの方とも久しぶりに再会。あぁ,なんだか懐かしい。練習場所に着くまで相変わらずの毒舌トークを交わす。何だかんだでもう4年目の医オケ。しかも今年は去年と同じ人が多いので何だか居心地が良い。

練習する曲は,モーリス・ラヴェル:組曲「クープランの墓」(管弦楽版)。パートは2ndフルート(ただしピッコロ持ち替えを含む)。
去年と一昨年は無茶をやらせていただいたので,今年は隠居。この1曲だけ。もっとも,隠居と言えるほど目立たないかというと決してそんなわけではないのだが,まぁ去年までと比較論的に・・・。

冷静に考えてみれば演奏会で2nd吹くのは実に2年ぶりかも。それでもやはりまたピッコロ持ち替えのシート。もうオケの世界に足を踏み入れて4年が経とうとしているのに,未だにピッコロ持ち替え無しの純粋な2ndフルートに乗ったことがない俺って一体・・・。ものすごく珍しい体験をしている気がする。

例年の前プロには有り得ないくらいのメンツの固まり方。まぁ,気を抜いてメンツを組める曲じゃないしな。去年のメイントップが4人中3人も乗っとるし(笑)。楽しかった。11月のtuttiは出れないけど,年末練習を楽しみにしておこう。


で,練習後は河原町を徘徊。
CDや服を買う。
3年前から分かっていることだが,一人で歩く河原町は寂しい。

河原町三条で偶然ヴァイオリンOGののN澤さんに合ってびっくり。いや,むしろこっちがびっくりされたのか。めっちゃ久しぶりやった。お元気そうで何よりです。


夕方,箕面駅でフォルツァのO島さんに会う。阪大オケから貸していたラ・ヴァルスの楽譜を返していただいた。そういえばO島さんと会うのはPCSの演奏会以来だ・・・。早く次に向けて活動を再開したいと思った。
テュイレの「ピアノと木管五重奏のための六重奏」の音源が欲しいというO島さん,モーツァルトとベートーヴェンの「ピアノと管楽のための五重奏」の音源に,タファネルの「木管五重奏曲」の楽譜を購入した俺。良い感じで室内楽室内楽してますなぁ。

で,夜。眠りのtutti。
発言しすぎたか・・・。もうちょっと黙ってたら良かったと若干反省。トップじゃないんだからいい加減おとなしくしないと嫌われるかも(涙)。

その後,サンプラの窓に反射する像を見ながら指揮の練習。しかし下手くそな指揮だ。もっと流暢に振れんものか。

こんな奴が周りに偉そうに音楽を語ってるのだから滑稽にも程がある。それに,音楽を見る前にまず人を見ろと。勉強になりました。


で,いろいろあって,どうしようもなく急に一人になりたくなって,箕面駅から一駅先の牧落駅まで歩いた。
見慣れた景色ばっかりだ。もう,この辺って言うなれば「俺の町」なんよなぁ。
黒兵衛に入ったら,スピッツの「猫になりたい」が流れてて,ますますセンチメンタルな気分になった。


牧落駅から石橋駅に戻り,帰宅。一日の疲れからか,うたた寝をしてしまう。
まともに寝たのは午前3時。

次の日も朝早いのに・・・。
23:59  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.29 (Sat)

マーラーの交響曲第3番。

最近マーラーの良さが分かってきた気がします。
もちろん昔定演でやった交響曲第1番「巨人」は非常に大好きだったのですが,早く他の曲を聴いてみたいと思いつつ長さで敬遠しがちだったのです。

で,ちょっと前にハイティンク/コンセルトヘボウの交響曲選集(1~5と7,9)を買って,5番を少し聴いて第4楽章に入れ込んだのを除けば,他の作品はやはり長さであまり聴きこむことができず,勿体無いと思いつつしばらくこのCDは眠らせてました。


が,しかし。

最近やたらとアダージョ系の音楽が聴きたくなって,それならマーラーしかないと思い久しぶりに引っ張り出してきた交響曲選集・・・目当ては十二|二さんが好きと言っていた交響曲第3番!

良い!
いや,マジで。特に4~6楽章の流れがたまらん!
4楽章のアルト独唱,5楽章の児童合唱,6楽章のクサさ。
どれを取っても,ごはんいくらでもおかわりできます。


好きな音楽の幅が広がっていくというのは嬉しいことです。
00:43  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.28 (Fri)

念願のカラオケ・・・。

2週間前くらいからずっと行きたかったカラオケに,今日やっと行ってきました。

俺と,某弦マネ氏と,新変態コンマスと,紅一点はヴィオラの次期トップ。もう二度と集まらなさそうなメンツやなぁ・・・。


懐かしい曲がいっぱい入って面白かったです。

みうみう以外が「童貞ソー・ヤング」を歌ってるん初めて聴いた(笑)。
しかし,やっぱりあの曲はみうみうの鬼気迫る感じが良い。彼女持ちの人間が余裕を持って歌う曲ではない。みうみうに彼女が出来た今,もうあの頃のような「童貞ソー・ヤング」が聴けなくなったと思うと少し寂しい気もします・・・(遠い目)。


全然関係ありませんが,こんな記事を見つけました。
なんだか恐ろしいことになってるみたいですね,fc2。

Blogの勢いは止まることを知りませんね。
03:37  |  日記  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.26 (Wed)

ヴィジュアル系?

ロッテおめでとう。悔しいですが,完敗です。


今日,Hまこちゃんから「なんかCENさんビジュアル系ですね。」的なことを言われた。
一瞬喜びそうになってしまったが,分かってますよ。
服が。・・・もしくは,髪の色が,でしょ?

ま,どうやら一応服装の方向転換は一応上手くいっているっぽいね。
褒められると新しい服が欲しくなるが,ま,そんなに金も使えないし。


最近久しぶりにベートーヴェンの後期三大ピアノ・ソナタのCD引っ張り出してきて聴いてます。番号で言うと30~32番。ちなみに演奏者はヴィルヘルム・バックハウス。定番。

もともと30番はかつて聴いたことのあるベートーヴェンのピアノ・ソナタの中で3指に入るほど好きなんやけど,久しぶりに聴いてみて32番の良さが分かってきたと思う。

ちょっと32番聴きこんでみようかなぁ。


あ,あと,祭の日のエントリーに載せようと思ってた写真を一枚忘れていたので,更新しなおしときました。最後の方に写真が一枚増えてます。興味のある方はご覧ください。
23:27  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.25 (Tue)

何とか・・・。

無事にいつもの作り笑顔が戻ったものと思われます。

しかし何だか「作り笑顔」というと聞こえが悪いですね。
別に心の中では腹を立てているのに良い顔をする・・・なんてことは多分していないはずなので安心してください。
できるだけ,余裕が無い自分を隠したくて・・・の作り笑いですから。なんというか,一番騙されているのは自分自身・・・みたいな感じです。


槇原敬之の歌詞にありましたよね。

 鏡の前 笑ってみる まだ平気みたいだよ

うん,まさにそんな感じだ。
23:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.24 (Mon)

明日のセミナーが・・・。

非常にやばいです。

最近では一番テンパっています。

いつも顔に張り付いているお得意の作り笑いがはがれかけています。


こんなんで院に行って良いのかな・・・と,今日は本気で思いました。

オケを卒団したら,もう少しくらいは数学に身が入りそうな気がするのですが,多分俺の生活から音楽がなくなるはずは無く。

色んなことの両立って難しいですよね。
片付けなきゃいけないことがたくさんあって,珍しくいっぱいいっぱいです。

俺から「根拠のない自信」を取ったら一体何が残るというのだ(笑)。

無理にでも余裕は取り繕っておかないと。
明日はまた,笑顔の仮面がかぶれますように・・・。
22:16  |  数学  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.24 (Mon)

寒い季節は苦手です。

昨日練習が終わってから,メシを食べに行って,帰ってきた。

そこまでは良かった。

その後,電気をつけたまま,服を着替えないまま,歯も磨かないまま,パソコンもつけたまま,気がついたら朝だった。
寒い季節は,少し暖かいとすぐ眠たくなるので苦手だ・・・。

全然寝た気がしない。

でも明日セミナーやから今日は特に頑張って勉強せなあかんなぁ。


どうでも良いけど,寒い季節はもう一つ苦手なことがある。
それは,服のコーディネート。
元が悪いので服などで付加価値をつけないとやっとれないのですが,寒いと着る服が増える分だけ合わせ方が難しくなるんですよね。
特に今の季節は,見た目と,防寒性のバランスを取るのが難しい。今日は何を着ようか。
12:48  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.22 (Sat)

日本シリーズ第1戦。

ボロボロでしたね。

まぁ,あれだけボロ負けしたら,明日はきっと燃えて勝ってくれることでしょう。もう今の阪神には変な負け癖は無いはず。


全然関係ありませんが,下の写真は実家に帰ったときに弟が持っていたストラップ。



なんだかシュール。
23:06  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.21 (Fri)

姫路・プチ帰省記⑤~網干のちょうちん祭~

家から歩いて十数分の場所に,魚吹(うすき)八幡神社という神社があります。毎年10月の21日(宵宮),22日(昼宮)に秋季礼祭を行っていて,「網干のちょうちん祭」と呼ばれています。姫路では,秋にいくつもの地域において大きな祭が行われるのですが,その中でも“灘のけんか祭”に次いで有名なのは間違いなくこのお祭でしょう。

特筆すべきは屋台の美しさで,暗くなってから電飾の灯った屋台のそれは筆舌に尽くしがたいものがあります。

その写真は後ほど見ていただくとして,まずは俺の実家がある村の垣内(かいち)が所有する壇尻の写真からアップしようと思います。



写真を撮るときに,中学校時代の同級生などから「なんでお前は曳いてないねん!」みたいな視線で見られて非常に恥ずかしかったです。

壇尻は二日目の昼宮で宮入りするのですが,宮の前では壇尻の上で小学生などが壇尻芸を披露します。


壇尻を見送った後は,屋台を見るために宮の方へ。早く行き過ぎて暇を持て余しました・・・。


待つこと1時間強,17時過ぎ,北の方にやっと最初の屋台が見えました。
坂上(さかのうえ)の屋台です。



電飾はそれほど明るくはありませんが,ディティールに凝った屋台です。

坂上が鳥居前の交差点に到着してから,待つこと数分。
今度は西から,津市場(ついちば)と津市場北の屋台が相次いで到着しました。



手前に見えるのが津市場,奥に見えるのが津市場北の屋台です。

宵宮では宮入りする屋台はなく,それぞれの村で練るだけなのですが,宮から近いこの3つの村は宵宮の時に一旦宮の前まで集まってきて一緒に練るのです。


さて,最初に鳥居をくぐるのは津市場のようです。
鳥居をくぐる前に各屋台が一通り練っていきます。



これが津市場の屋台。ちょっとピンボケしてます・・・。電飾は明る目ですが,作りとしては小さくまとまった感じの屋台となっています。写真で,男衆が屋台を高く掲げているのが分かると思うのですが,この後「チョーサ!」の掛け声で屋台が少し宙に浮きます。どれだけ高く上げられるかというライバル心が,各村の間で燃えているそうです。

言葉で言っても伝わりにくいので,QuickTime Playerで見ることができる動画(ちょっと重くてヤフーのサーバーに乗っけとくにはキツいので,そのうち削除するかも・・・)を撮ってきました。この動画は津市場北のものですが,3つの中ではここが一番上手かったですね。屋台を放り投げるというパフォーマンスは様々な祭で行われていることと思いますが,網干は何がすごいかというと,屋台の作りには決して手を抜いていないということです。普通は投げる用の屋台というのは少し軽い作りにしてあるみたいですけどね。

しかし,それでも動画で見るだけでは本当の迫力は伝わってきませんが・・・。これを見て興味を持たれた方は,是非一度お越しください。実家に数人なら泊められるはず。

で,これがその津市場北の屋台の写真。



電飾も明るいし,作りも豪華絢爛で派手。俺はこの3台の屋台の中で一番好きですね。何より,チョーサも上手いし。

この3台が揃った宮前はこんな感じ。若干遠くて分かりづらいですが・・・。



左から,津市場北・津市場・坂上のはず。
この時間帯になると宮前はもう人でいっぱいです。
宵宮の最初の山場です。


時間の都合でこの辺で引き返してきてしまったのですが,実はこのあと浜手の村たちによる提灯割りが行われます。垣内もその一つです。それらの様子を写した写真はこちらでご覧ください。これはどこの村かなぁ?ちょっと分かりませんが。本当は色とマークで分からなきゃならないのに・・・。修行が足りません。

さらに,自分の家に提灯を飾る氏子も少なくありません。俺の実家も例外ではありません。こんな感じになってます。


この写真では確認できませんが,提灯の裏には苗字が入っていたりします。この2日間は,本当に町全体が祭の雰囲気になっているのが好きです。


22日の昼宮では,18台の屋台,3台の壇尻,1台の獅子壇尻が宮入りをします。電飾が点いていない屋台も,素朴な美しさがあって良いですよ。


多分過去最長の記事になってしまいましたが,いかがでしたでしょうか?他にもたくさん写真と動画を撮ったので,ご所望の方がいらっしゃいましたらコメントなりで連絡ください。
でも,本当に是非一度お越しいただいて,生でご覧になってください。
俺も来年こそは昼宮まで見ようと思います。
23:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.21 (Fri)

姫路・プチ帰省記④~関東炊き~

姫路2日目は,久しぶりに見物できるので楽しみにしていた祭です。
どれくらい大きな祭かというと,屋台が18の村から,だんじりが4つの村から(スペースの都合上,4つの村の持ち回りでそれぞれ4年に1度出ない年があり,実際は一度の祭で見れるのは3台まで),そして,獅子舞を1つの村が・・・という,3つもの中学校の校区にまたがる広大な氏子を持ち,それぞれの中学校は祭のために休みになるというほど。

北海道大学に行った俺の友達などは,屋台をかつぎに毎年姫路に帰ってきています。俺は自分の体に自信が無いため参加はしませんが・・・。

で,祭の日には毎年うちでは稲荷寿司とおでん(関東炊きと呼ばれる)が作られるという謎の習慣があるのですが,実は姫路のおでんは他の地区と一味違うのです。



見ただけでは分からないでしょうが,実は姫路のおでんは味付けが薄め。なぜでしょう?関西だから?それだけではないのです。

ところで,皆さんはおでんに何をつけて食べますか?
「からし」というのがメジャーな答えだと思いますが,姫路ではこれなのです。



これも一目ではなんだか分かりませんよね(^^;
実は,「生姜醤油」なのです。醤油に,摩り下ろした生姜を混ぜる・・・と。
あの松浦亜弥がテレビで紹介していたほど,姫路ではメジャーな食べ方なのです。
昨年の秋合宿木管コンパにておでんを食べたときに布教活動をしてみたのですが,あるたんが相当気に入ってくれてたなぁ。一度姫路に食べに来ますか?(笑)


さて,長く続いたプチ帰省記ですが,次の記事がラストになります。
最後に,網干の祭について語ることにします。(⑤に続く)
23:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.20 (Thu)

姫路・プチ帰省記③~レ・ヴァン・フランセ演奏会~

ホールに着いたら,知ってる顔がいっぱいいらっしゃいました。1番笑ったのは隣にPCSのクラ吹きH谷川さん(この伏せ字意味ない…)が来たことです。

演奏会通しての感想としては,フランソワ・ルルー(Ob)が上手過ぎる!ということです。中でも,モーツァルトのクインテットが良かった。素晴らしい曲だ。フルートが無いという理由で敬遠してきたけど,今度CD買おう。

実は1番聴きたかったのはエリック・ル・サージュのピアノだったのですが,パルナソスホールのピアノが若干しょぼい気がしました…。あれもスタインウェイだったかベーゼンドルファーだったかのはずなんやけどなぁ。普段あまり使われてない感が漂う音でした。それでもサージュは曲が進むに連れてピアノの響きを段々自分のものにしていくから流石でした。

あとは,ルルーに負けないくらいホルンのラドヴァン・ヴラトコヴィチも上手かったし,その二人には少し見劣りするもののクラのポール・メイエももちろん上手かったです。大満足です。
そして,ジルベール・オダンのバソン。俺,バソンをバソンだと認識して音を聴くのは始めてのことだったので,やはりファゴットに比べて音量は物足りなく感じましたが,オダンは一人だけベクトルが違う方向に上手かったと思います。地味なんだけど,居なきゃ困る。カッコいいなぁ…。

でも…エマニュエル・パユは酷かった…。下手だと言いたいわけではなく,やる気を出して欲しい…。最後に演奏されたプーランクのゼクステットを楽しみにして行ったのに,俺が気付いただけでフルートが2回も落ちてた(ーー;)
「あなた一体何回この曲を吹いてるんですか!」と言いたくなりました。定番でしょうに…。
それにしてもパユは本当に変わった音を出すと思う。フルートはいろんなプロを聴いてきたけど,パユだけ方向性が違う気がするなぁ。好みの問題ですが,やっぱり俺は好きになれないなぁ…。

ま,それは置いておいて,トータルでは充分楽しめた演奏会でした。S原さんがあんなに「上手ぇ…上手ぇ…」と言ってるのは初めて聞いた(笑)。


帰りはS原さんと二人でH谷川さんの車で駅まで送ってもらった。S原さんのテンションが高くて面白かった。どうやら姫路の田舎感が気に入ったようだ。気に入っていただけて嬉しいです。

明日から地元の祭なので,明日ちらっと見物して大阪帰ります。写真を撮ってくるつもりなので,できればまたアップします。(④に続く)
23:59  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.20 (Thu)

姫路・プチ帰省記②~タワレコ~

時間潰しに服を買って,タワレコ行って,ヴィレッジ・バンガードに行って,後は散歩した。
タワレコで‘のだめ’を発見したんです。




千秋真一指揮/R☆Sオーケストラのブラ1のCD(ちなみシンセらしいが…)が出てるのは偶然発売日に梅田のタワレコで見て知ってたんですが,なんと姫路のタワレコではマンガまで一緒に売ってました(笑)。
誰かあのCD買わんのかなぁ。欲しくはないが,聴いてみたい。

この辺で友人にドタキャンされる。なのでそいつのチケットを,当日券で入るつもりで姫路に来ていたS原さんに買ってもらうことにした。無駄にならなくて良かった…。

ちなみにこの頃S原さんはというと,ケータイで姫路城の写真を取りまくってたみたいです。

さて,バスに乗ってあとは向かうだけだ。姫路城大手門前のバス停からバスに乗ろうとしたら,バスはK寺中学校吹奏楽部の生徒でいっぱい。N沼先生がおっしゃってたことは本気だったんだ…。鮨詰めの中で暑い思いをしながらも,姫路の中学生が今から良い音楽に触れるであろうことを嬉しく思う。生意気にも(笑)。

さて,ホールに着いた。後は聴くだけだ!(③に続く)
23:59  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.20 (Thu)

姫路・プチ帰省記①~ボナンザ~

レ・ヴァン・フランセの演奏会を聴きに行くために,今日は姫路に帰って来ました。ミスチルの古いアルバムを聴きながら…。高校のときによく聴いた曲を聴きながら姫路に帰るのは精神衛生上非常によくない。ますます病むっちゅーねん!

3時頃姫路に着いて,遅い昼ご飯をいつどこで食べようかと探したのですが,なかなか良いアテがない。

結局,高校の頃ご用達だったお好み焼き屋『ボナンザ』へ。昔と変わらず‘広島風 豚’で。そこは成長していない。
制服を着ていくとお冷やの代わりにソーダが貰えたのですが,もう大人やし,やっぱり出てきたのはお冷やです。なんだか寂しい…。




写真の右はマヨネーズです。これの半分くらい残ってたのを高校の時に友人と二人で使い切ったことがあります。ここに来るとマヨラーになります。
昔は普通に平らげられたのに,今日はきつかったです。年取ったかなぁ。胃が脂肪に押し潰されてるんだろうか…。

ひいひい言いながら平らげると,デザートにシャーベットが出てきました。あれ?こんなん昔あったっけ?と思いながらも食べる。甘いものは別腹~(はぁと)。
演奏会までまだ時間がある。何をしようか?(②に続く)

23:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.19 (Wed)

こんな定理があったらしい。

しかしリヒャルトのオーボエコンチェルトはマジで良い曲だ!

じゃなかった,数学の話です。

解析の方に質問です。
どうやら,“f(x+y)=f(x)f(y)を満たす連続関数f:はexp系のものしか存在しない”という定理があるそうなのですが,どうやって証明したら良いのでしょうか?

いや,まぁ双対群の話の続きなんですがね。

Talking Masterさんに質問に行ったときに疑問に感じました。

今日一番恥ずかしかったのは,何の恥ずかしげも無く(R2)×という群を書いたことです。冷静に考えたら明らかに×と同型じゃねぇか・・・。

の双対群はっぽいのですが,どうして×じゃないのかしっくりきません。

明日姫路に帰る用事があるので,電車の中でずっと考えよう。
23:59  |  数学  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.19 (Wed)

日本シリーズ。

今日チケットの発売日でした。
取れませんでした。

悔しいです。
今,R.シュトラウスのオーボエ協奏曲に癒してもらってます。

でもそろそろ3限のために大学行きます。
11:46  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.18 (Tue)

双対群。

今,セミナーの宿題での双対群を求めてるんですが,うまくいかない。

火曜の午前は毎週ならセミナーなのですが,今日は先生が出張されてたので休みでした。2週開いたんだから来週はしっかり予習しとかないと。でもホンマ双対群が見つからん・・・。

火曜の午後からは伊吹山研究室のセミナーがあるみたいなのですが,後期からは出ないことにしました。
そもそも僕の努力ではついていけない部分が多いので,その分自習に回したほうが良いかなと思って。

そのため今日は宙-sora-で勉強してました。
むぅ・・・それにしても中々うまくいかない。

もう少し考えて見ます。
そろそろ文献を探してみようか・・・(弱気)。
23:50  |  数学  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.18 (Tue)

普段見れない京響が見れるかも。

さっきこんなの見つけました。

いや,行くかどうかは別問題として・・・興味深いなぁと。
00:50  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.17 (Mon)

堕落・・・。

今日起きたら12時を回ってました。
3限に微分方程式の授業(3回生配当)に行ってこようかと思ってたのですが,考えてみりゃ教員免許の豊中での申請が今日までだということに気付いて,自主休講にして池田まで行ってきました。
なぜかというと,教員免許を申請するのにお金が必要で,大阪府の証紙を購入してこなけりゃいけなかったからです。石橋周辺の銀行は軒並み扱っていない・・・と。一番近い場所で池田のUFJか桜井の池田銀行。なので個人的に馴染みの深い池田のUFJまで。・・・って,口座を持ってるだけだが。

そして,無事購入した後は池田の商店街を少しうろついて,ちょっと遅めの昼食。前からチャーハンが美味いと聞いていた「池田らーめん」に。感想・・・チャーハンよりラーメンのが美味しかった気がする。

で,帰りにせっかくだからユニクロに寄って,クリーニングに預けてたシャツを取りに行って,一旦帰宅。

すぐに大学に行った後は,必要書類を記入して免許申請。
無事終了。

既に5限の演習に出るような時間でもなかったため楽器を吹いてバイト(カテキョ)に。

帰りに天一の前で,出てきたばっかりの連中に遭遇。
せっかくだから誘ってみた。

「2杯目いけるやろ?」

冗談のつもりだったのに・・・火がついた連中は二杯目に挑戦。
愛すべき奴らです。

珍しく一緒に食べたK田がストラップ当ててやがった。畜生!(笑)

うだうだオケの話をして,解散。

その間も気になってずっとケータイいじってたんですが,結局ロッテがプレーオフ勝ったみたいですね。
学科のU野くん,おめでとう。
クラのI田さん,残念やったね・・・。阪神が仇を討ちます!

しかし,本当に阪神VSロッテなんて,5年前は誰も想像せんかったやろうなぁ。興味深い組み合わせではある。

明日からはまたちゃんと数学科の学生に戻ります・・・反省。
23:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.16 (Sun)

病んでるときの“第九”頼み。

病んでいるときの第九は格別な味がします。

さらに病むときと,テンションが上がるときの2通りあります。

今日は珍しく後者でした。

第4楽章の最後のピッコロの高音にやられました。
吹きてぇ!

早く第九大会こないかな~。
本指揮練習の日程の都合で今年は無い可能性もあるみたいですが(涙)。


話は変わって,今日の練習も俺的には散々でした。
悲愴1,2楽章。今後の為にメモ。

○冒頭のソロでCisに替え指を使用する。

○もう中間部の指回しから目をそらさない。

○ロ長調で例の主題が帰ってくるところ,mfだと思わない。pやっちゅーねん。

○middleHの音程をどうにかする。

○コンマスのM原はオーボエが見えたら十分みたいなので(笑),通常の練習のときはセカンドヴァイオリンの人たちに無理に席を動かしてもらうよりも2プルのアウトを見て吹くことにする。

○第2楽章の練習記号Dからもっと出る。そのために体力づくりをする。

○第2楽章の最後のソロまだ足りないの!?

以上。
23:50  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.15 (Sat)

病み中。

友達に頼るのは簡単だ。
アルコールに頼るのも簡単だ。

でも,それで結局何も解決しない。
後のリバウンドくらい計算しとけっちゅーの。

今日はとにかく凹んだ。
チャイコもシューベルトも舐めすぎとるよな。

特に,シューベルト。

何をやってんねん。
俺が3年間やってきたことは一体何の意味があるのかと。
何のために指揮法まで練習してきてん。


伝えたいことはたくさんある。
時間は無い。

なんとかしろ。俺。

ああ,なんとかするさ。
23:59  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.14 (Fri)

ネタが無い・・・ので「おもしろバトン」。

今日は髪を切って色を変えました。

それ以外これと言ったネタがありません。

なので,この間いただいたバトンに答えようと思います。

非常に難しいバトンです。

おもしろバトンとか言いながら,面白い答えにするのに非常に困難を要します。

でもせっかくなので書いてみました。

あまりに自信が無いので「続きを読む」に入れておきます。

では。
23:15  |  思考  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.14 (Fri)

マジか!

さっき龍谷の友達から聞いたんやけど,龍大オケの次のプログラムは・・・

ベートーヴェン:「エグモント」序曲
チャイコフスキー:組曲「眠りの森の美女」
ブラームス:交響曲第1番

らしい。どこかで聞いた曲ばかり(笑)。


ちなみに,同志社はもうご存知の方も多いと思うけど,

シューベルト:交響曲第8番「未完成」
マーラー:交響曲第1番「巨人」

みたいやし。こちらもどこかで聞いた曲ばかり。

両方行ってみたいとこやなぁ。
00:37  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.13 (Thu)

たまには1回生と。

たまには1回生と触れ合いたいと思って今日はメシに誘った。
長い時間お待たせしてごめんなさい。>いつもの方々

10人で4・2・4に分かれて座る。
俺のテーブルは俺以外1回生。

調子に乗ってある子をいじりすぎた。
ごめんよ。

プロ野球の話である子をハミらせてしまった。
ごめんよ。

あともう一人には・・・何も失礼なことしてないよな?
うん,してないと思う。
ごめんよ。


来れなくて凹んでいたきくくん,また今度ぜひ行きましょう。


今日もいろいろ考えることはあったけど,たまには短く。
23:57  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.12 (Wed)

新しい楽器運搬用小道具。

今日は後期初の寝坊をかまして3限の約90%を遅刻した後,学館に行って,昨日mりさんに会いたくなったのを思い出して,とりあえず音だけでも聴こうと思って昔の追いコンのDATを引きずり出して音練で聴いた。

曲は,ミヨー作曲「ルネ王の暖炉」。
大好きな木管五重奏曲で,俺が1回の時に,クラのmりさんに誘われて追いコンでやった曲。ちなみに他のメンツはというと,オーボエは同回のO田さん,ファゴットは今も別の木管五重奏で一緒に吹いているO脇さん,ホルンは今もう就職されて学校の先生をやってらっしゃるHららんさん。

今改めて聴いてみると,第1楽章で俺全然違うリズム吹いてるやん!今の今まで知らんかった・・・恥ずかしい。第6楽章のピッコロ下手すぎやし・・・。当日ピッコロの調子が悪かったんは覚えとるけど,それにしても。ようこんなんでマーラー吹いたなぁ,俺。あ,第7楽章,やっぱりmりさん最後の最後でやりよった(録音だから当たり前)。それ以降しばらくはこの曲聴くたびに幻聴が聴こえてましたよ(笑)。このネタ分かるの,数少ないんだろうなぁ(^^;

懐かしくなって,自分の他の演奏もいろいろ聴いてみる。

この頃の俺,若いなぁ。良い意味でも悪い意味でも若い音がしてる。良く言えば,立ってる。悪く言えば,溶けてない。でも,俺の音だって分かる。
大して今と違わないような感想も受けたけど,それでも,細かい部分で「今ならこうできるのに」と思った部分もたくさんある。やっぱ俺も成長して無いと困るもんな。少なくともあの頃の俺には,バッハの無伴奏パルティータなんて音楽のことを考えながら吹けなかったろう。

あぁ,前置きのつもりがめっちゃ長くなってしまった。
本当は,ここからが書きたかった。


音練でDATを聴いた後は,少し楽器を吹いて梅田に。
目的はDolce楽器に行くこと。

昨日フルートケースのカバーが壊れて,持ち運び不可能になったのです。
↓こんな風に。(拡大しないと分からないかも・・・)


ジッパーが取れただけなのですが,これはジッパーの両脇がきっちり縫い付けられているのでなかなか簡単には戻らないのですよ。
なので,そこに修理費を使うくらいなら新しいのを買おうと思って。

結局,どれにしようか迷ったけど,せっかく買い換えるんだからと思ってこれに。ちょっと高かったけど。


ただの鞄?違います。なんと中はこうなっています。


そう,2本楽器が入るスペースがあるのです。
本来はフルートを2本入れるためのものなのですが,俺はピッコロ入れに使おうと。

楽器を入れる以外にも収納スペースがいろいろ確保してあります。
スコアもこの通り。もちろん通常サイズの楽譜が入るように用意された場所もあります。


左から,未完成,悲愴,眠りの森の美女。
手前のオレンジ色のものは魔笛。

そして,やっぱりこのロゴマークもあります。



新しい鞄(?)で心機一転です。
23:59  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.11 (Tue)

不真面目な行動と,真面目な思想。

2日ぶんまとめて更新しよう。
日付改竄して。

朝からセミナーがあった。
先週ボロボロだったののリベンジ・・・のつもりだったが,今回もあまり良くはない出来。先週よりはマシだったかも知れんが。

で,

悲愴の木セクの後,男塾-1のいつものメンバーで呑みに行く。
普段と違ったのは,

まず,俺が「腹があまりに減っている」と主張したため,呑み屋への直行を避け,まずマクドに。

次は,オーソドックスにごん兵衛

最後に,俺が冗談で「天一行くか!」と言ったら,思いのほか○やくんが乗り気で,本気ではしご。

抽選には4人とも落選。

「木管トップ4人総落ち。」

というメールを超現実的音楽研究所の太田研究員に送る。


俺らってこんなに頭悪かったっけ・・・。
1回生の可愛い後輩たちが見たら泣くのではないでしょうか。


と,冗談めいたのはこの辺までにして,以下まじめな話。

俺はそんなに主観でものを見てるのか・・・。
まぁ音楽の話ですが。

なんというか,主観でしかものを見れないのは確かやけど,あまりに主観に偏りすぎるのも問題で。

当初,頑固すぎた自分に嫌気が差して,できるだけいろんな音楽を受け入れようと努力してきたつもりが,できていなかったということか。

人にアドバイスをする,人と議論をする・・・のは簡単だけど,アドバイスを成立させるのも,議論を成立させるのも難しい。

でも,やはり自分の耳はある程度は信じてあげたい。

これまで長い時間,自分なりに一生懸命,金も時間も出来る限りの努力もつぎ込んで来たと胸を張って言えるだけの自信はあるし。

かといって,本当はそれ以上に他人の耳は信用しないといけない。

自分の音楽を聴かせるのは,あくまで他人にであるから。


自分の考えを伝えるのは,もう少し自分の耳に悩んでからにしよう。いつかは何らかの上手いアドバイスが出来ると良いなぁ。全てのプレイヤーはアドバイスを求めているはずだ。ダメ出しをされるうちが華ってのが,俺の持論だし。

それは,きっと自分の成長にも繋がる。

そんなことを考えてたら,久しぶりにmりさんに会いたくなった。今度メールでもしてみよう。
23:59  |  思考  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.09 (Sun)

う~ん。

これといったネタが無い。
23:59  |  日記  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.08 (Sat)

本指揮さんに会ってきました。

今日は忙しい木管トップの変わりに,梅田で行われた第1回本指揮呑みに行ってまいりました。
何より,気さくな方でした。若い。けど,仰ることが染みてくる。良い先生です。初本指揮練習楽しみだ。

アンコールはどうするのかという話で,先生がふと仰った。

「君,吹奏楽出身者だよね?グリエールの青銅の騎士とかどう?」

「良い曲ですよね~!!(即答)」

先生の両脇を俺と某ラッパのマネの二人で固めてたんですが,その二人だけで盛り上がる。

変える頃には,俺は先生からマニアの称号を受け取る。
やべぇ,マジで嬉しい。

何が効いたかっていうと,多分,先生が青銅の騎士の終曲だと勘違いしてらした曲について訂正したのと,マネがどうしても思い出せなかった青銅の騎士の終曲を口ずさんでみせたことだと思う。


実はグリエールの青銅の騎士は,吹奏楽の時にすごく演奏したかった曲なんですよね。それをオリジナルのオケでできるとなればどんなに嬉しいことか。フルート目立たんけど。

ま,何だかんだで阪大オケはああいう曲は嫌いそうやけどなぁ。


えぇ,俺は多分阪大オケで3指に入るクラシックマニアです。


石橋に帰ってきた後,チェロのメンツの隣でHがしと二人で呑む。チェロのマニアと誰の悲愴が良いかで盛り上がる。貴様もマニアよのぉ。

で,焼酎に酔っ払ってさっき帰宅。

やべぇ,やっぱり青銅の騎士はカッコいい曲だ。
01:41  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.06 (Thu)

あいつもとうとう・・・。

例のヘタレ男(∈数学科)に彼女ができていたらしいことを今日知った。

あまりにテンションが上がって串カツの食べ放題に行ってきた。もちろん呑んだ。久しぶりに行った店だけど,やっぱりアットホームで,いろいろ注文もできて良い店だ。また行こう。

「あ~,好きだ~。幸せだよ~。」

とか,うざいことこの上なかったが,不思議とムカつきはしないんですよね。なんというか,その点に関しては既に保護者のような視点に立ってしまっているわ,俺。

ま,数学ではいろいろお世話になっとるから持ちつ持たれつということで。


その後,新婚ほやほやのそいつは浮かれ気分ですぐに帰ってしまったので,残された俺と,Y人と,こがらさんの3人で卓球。熱かった。11ポイント先取でやってたんやけど,ジュースで20ポイント近くまで盛り上がったゲームもあった。やっぱりたまには体動かさんとなぁ。
23:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.10.06 (Thu)

え・・・モリコーネが!?

現在夜中の3:30です。

さっきテレビのCMで知りました。


え・・・エンニオ・モリコーネが来日するん!?

あまりに突然で日付を見る暇が無くて,さっき検索かけたら・・・

10月6日(木)19:00~
ちなみにフェスティバル・ホール。

今更行けねぇ・・・ショック・・・。


去年の秋にロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団が来日しているのを後になってから知ったときに次いでのショックです。

やっぱり大御所の来日情報ってのは前々からチェックしとかなきゃダメなんですね。まぁエンニオ・モリコーネはちょっと毛色が違う気もしますが。去年のコンセルトヘボウの失敗を生かして今年は早くからバイエルン放送交響楽団のチケットを取っておいたというのに,モリコーネも来日だったとは・・・不覚・・・。


っていうか,あれやねん。基本的にフェスティバルホールの情報は遅い気がする。10月13日にウィーン・フィルの来日公演があるのは意外と早くから露出されてたけど,それでもプログラムの発表は遅かったし。あ,ちなみに「未完成」やるそうですよ。チケットは余っているのか分かりませんが。余ってたとしても高い席だけなんやろうなぁ。S席は31,000円だそうな。三万円台のチケットなんて初めて見た。

今月のフェスティバル・ホールは中々やりおるなぁ。ムーティ率いるウィーン・フィルの次の日は,マゼール率いるトスカニーニ・フィル(こんなオケあるんや・・・)が,これまた「未完成」やるそうですし。他にもプラハ国立歌劇場による「アイーダ」とか,違うジャンルではジャズ・ピアノの大御所であるキース・ジャレットとか。モーニング娘。も来てたらしいし,藤井フミヤ,今井翼に郷ひろみだと。極めつけはリバーダンス。ポップスはともかくとして,皆あんな大きいだけの微妙なホールでよくやるわ。

モリコーネは次のチャンスに期待したいと思います。
もしまた来日されるなら,次は是非ザ・シンフォニーホールに。
03:37  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。