2006年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.29 (Wed)

フルート吹きとしてのアイデンティティ。

最近,楽器を吹いてて思うことがある。


・・・俺って,音汚くなったよね。


そもそも,俺の特長ってのは,「音色の透明感」だったと思うんです。

少なくとも,誰も認めようとしなくても,自分なりにはそれにとてもこだわってきた。



一般的に『良い』と言われる音色って,いわゆる“ソロトーン”ってやつで,ちょっと高めの圧力をかけて息の音を混ぜた,少し温かみのある太い音なんですよ。

なんというか,最近のフルート界の流行と言うのかな。

俺はそういうの苦手でね。というか,あまり好きじゃなくて。



じゃぁ俺の目指した音って?

できる限り自分が楽器から感じる抵抗を減らして,息の音は減らして,可能な限り輪郭の中に音色を閉じ込めた音。

具体的には,ちょっと多目の息を,他の人よりも低めの圧力で,できるだけ安定して楽器に入れてやることにより得ることができた音。

よもすれば『冷たい』と言われてしまいそうな音色だけど,そこはできるだけ倍音を鳴らすようにしてカバーして,奥行きを持たせた音。

そして,俺がこれまで出会ったフルート吹きの中では確かに俺しか出してなかった音。



正しいかどうかも素晴らしいかも知らないが,俺の好きな音。

・・・つまり,俺のアイデンティティとでも言うべきもの。




3月のラヴェルでは確かに出せてた。

6月のOB総会でブルックナー吹いたときも確かに出せた。


・・・でもいつの間にか失ってた音。






幻想交響曲で一番好きなソロに,その音色がもう一度欲しい。




第3楽章,クラリネットに寄り添うように合いの手を入れるアルペジオ。

音量記号はpppp。


ここで使えなくてどうするんだよ。


くそっ。



仲の良い後輩達には「もっと楽しめ」と偉そうに言ってるのに,最近の自分は楽しめてないと思う。


そんなの俺じゃない。
スポンサーサイト
00:54  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(17)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.28 (Tue)

恋人バトン。

久しぶりにバトンをやろうと思うのですが,様々な人から回されたものを無視してるのにもかかわらず面白そうなものを拾ってきてしまいました。

いや・・・カミングアウトの良い機会かなぁと思って。



【恋人バトン】


1.今付き合ってる恋人はいますか?

実はいます・・・。
ていうか,きょうび一人身なんてなぁ。

2.その恋人と付き合ってどれくらい経ちますか?

全然実感湧かへんけど,気がついたらもう1年以上経ったんやね・・・。

3.この恋人と付き合ったキッカケは?

実は,当時別に付き合ってる人が居て・・・。
でもあの頃の,ただ過ぎているだけの日々をどうにかしたくて,乗り換えるつもりで新しい恋を探したんです。
今考えると,あまりに突然なことで自分でもひどい別れ方だったかなぁとは思うけど・・・。

4.この恋人以外に過去にどれくらい恋人いました?

5人だったかな。うん,5人だ。

5.一番長く続いた恋人とはどれくらいですか?それはいつ頃?

えー・・・大体いつも1年強くらいで別れてしまうんよね。。。
じゃぁ今のもそろそろやばいんかなぁ。

6.逆に一番短かかった恋人とはどれくらい?

高校の頃に,10ヶ月くらいとかあった気がする。
それが一番短いかなぁ。

7.恋人を色に例えるなら何色ですか?

黒。大人の魅力(笑)。

8.恋人との思い出があればどうぞ!

電波が届かなくて辛い思いをしたことがたくさん。
そのせいで一時期どうでもよくなってた時期が・・・。
・・・冷静に考えるとホンマ酷い男やな,俺。

9.浮気願望はある?

正直しばらく前はあったんやけどねぇ。
なんたって俺の指に対する反応が悪くなってきたっていうのが一番嫌やったから(笑)。
でも良さそうな相手が他に居ないからだらだら続いてるよ。

10.今の恋人に一言!!

あんまり機嫌が悪いと嫌いになるぞ。

11.まわす人

他にもカミングアウトしたい人がいれば拾ってやってください。
01:35  |  思考  |  TB(0)  |  CM(17)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.27 (Mon)

体調を崩すまでの一週間。

この一週間何をやっていたかというと。

月曜
・普通。

火曜
・あんじょうに呑みに行く。
・あんじょう店員の友達が滋久で呑んでいるという情報を聞きつけ,石橋に帰ってくる。
・滋久で「いらっしゃいませ」じゃなくて「おかえり」と言われる。
・その後カウンターで一人呑んでると,常連さんと話が弾む。
・「マスター,この子にボトル一本入れたって。」と言っていただいてしまう。
・和助4合瓶をいただく。
・その方に「今度ホストやりにくるか」とスカウトされる。
・もう絶対粗相はできません。

水曜
・若干酒が残り気味だった。
・でも夕方からちゃんとバイトに行く。
・バイトやってると元気になる。
・バイト上がると後輩から酒の誘いが。
・明日は祝日。もちろん行く。
・日付が変わってからRyu's Barに行くと,どうやらマスターのシゲさんの誕生日らしい。
・知らなかったのでプレゼントなど用意しているはずもなく,「何か呑んでください。」と,前から一度使ってみたかったセリフを生意気にも使う。昨日自分がお客様からボトルもらったとこやし・・・。ペイフォアード。
・「あ,でもさすがにドンペリとかは勘弁してください(笑)。」
・「あぁ,今週既に2本空いてるわ。」
・「・・・。」
・4時半まで呑む。

木曜(祝日)
・軽く二日酔い。
・13時~17時,吹田で経済学実験のバイト。
・18時から滋久でバイト。バイトやってると元気になる。
・あまりに暇だった為に21時で上がらされる。
・一昨日にお客様からいただいたボトルをカウンターでちびちびやる。
・23時の時点でノーゲスト。何とマスターが店を閉める。
・おとなしく帰って寝た。

金曜
・もちろん授業は出ましたよ。
・部屋で4時間に及ぶ捜索活動。結局発見できず・・・。
・泣きつく。
・何とかなる。
・カテキョ。
・カラオケ。
・今夜はノンアルコールですよ。

土曜
・学館で少し楽器を吹く。
・京都コンサートホールでヤンソンス/コンヘボを聴く。これはまた別記事にします。
・体調が悪くなる。
・偶然両親が泊まっていた京都の弟の家に転がり込む。
・蕎麦すら食えない。
・38℃の発熱。

日曜
・12時間くらい寝た結果,熱は下がった。
・母親の作ってくれた雑炊を食べる。やっと胃に炭水化物が・・・。
・「死の舞踏」は休ませてもらったものの,根性で医オケの練習に参加@京都府立医科大。
・「死と変容」と「幻想交響曲」の1stを何とか吹ききる。
・でも上手く吹くことはどだい無理だった。
・dolce senza espressioneは結局胸にわだかまりを残したまま。
・親の車で大阪まで送ってもらう。
・こんな歳になってもまたお世話になりました・・・。


体調崩したのって・・・呑みすぎ?(--;
02:30  |  日記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.19 (Sun)

DEAD OR ALIVE

あのCMを見て,誰があれを格ゲーだと思うんだろう・・・。
01:30  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.18 (Sat)

三日目の正直。

木曜は呑んでました。
近くのコンビニでバイトしている阪大出身のフリーターの方がついに就職されるというので。
オルガンに行きました。
ビリー・ジョエルを聴きました。
奢りだったので遠慮して少ない量で酔おうと思いウィスキーなどを頼んでみたけど,結局そんなに酔えなかったので解散した後一人でRyu's Barに。
バイト代入って5日間くらいは気持ちが大きくなりますね。
4時半くらいまでバーテンの女の子とひたすら喋った。
顔見知りのマスターは,別のお客様と一緒にガンダムで盛り上がってた。
めっちゃお洒落なバーやのに,BGMは『立ち上がーれー 立ち上がーれー 立ち上がーれー ガンダム!』。
調子に乗ってマスターに,

「グフをイメージしたカクテル」

を頼んだら本当に青いBeerカクテルが出てきた。
これまでBeerカクテルって苦手だったんだけど,これはマジ美味かったです。

でも,しまった。先にザクを頼んでおけばよかった。
そしたら,

「確かにザクとは違いますね。」

というコメントができたのに。
・・・分からない方ごめんなさい。


で,昨日は昨日で呑んでました。
といっても,2時間弱ですが。
9月の末にイタイ二日酔いをしてから封印していたウィスキーを木曜に解禁したということで,この日もウィスキー。
やっぱり意外と酔わなかった。
うーん,やっぱ慣れなんかなぁ。
ま,たったシングル1杯で酔う訳ないか。
摂取するアルコールの量だけを考えるなら,焼酎のロックの方がきつはずだし。


そして,今日。
18時からバイトだったんだけど,16時頃に何を思い立ったか川西まで。
ビリー・ジョエルのCDを買ってしまいました(笑)。
あと,めっちゃ安くて良い感じのパンツがあったので購入。なんと3000円。
裾直しお願いしたから,近いうちにまた取りに行かないといけないけど。

で,バイト。

さすがに土曜日ってことで大変だった。
23時に上がって,さすがにへとへとで,今日はもう呑まんとこかな。

・・・ま,これから何か起こるかも知れへんが(笑)。
23:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.16 (Thu)

温泉・・・。

今テレビ見て温泉に行きたくなってます。

夏に城崎温泉に行く計画が流れてしまったので,もうここ何年も温泉なんて入ってません。

誰か行こうやー。

可愛い女の子やったら最近頑張って稼いでるバイト代全部つぎ込んでもええかも知れへん。


・・・久しぶりにSランクのイタイ発言。
21:34  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.15 (Wed)

ボージョレ・ヌーヴォー2006。

2週連続の水曜日10時間労働にはなりませんでした。
惜しい。今日は9時間でした。

ちなみに。

日付が変わったら今日はボージョレ・ヌーヴォーの解禁日だったんですけど・・・。

俺は1時間強フライングして呑んできました。

ボージョレ・ヌーヴォーなんてこないだ飲んだのは2002年なんで,遠い記憶を頼りに・・・って感じですが,今年のヌーヴォーはそれに比べて,それほどトゲトゲしていない印象を受けました。

まぁ,とあるお客様が厳選して持ってきてくださったものなので,今年日本に入ってきたヌーヴォーの中でも良いものなのかも知れませんが。


風邪薬飲んでるなんて知りませんよ。
あれは昼だったから大丈夫だろう。



全然話は変わりますけど。

病んでない・・・ってのが実は“嵐の前の静けさ”なだけだというような気が,今日ふとしました。

まぁ知ったこっちゃないけど。

来るか来ないかすら分からない嵐の心配したって仕方ないし。
23:59  |  滋久  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.14 (Tue)

みすちる「しるし」。

新曲発売です。最近のミスチルはスパンが短めで嬉しい。
中学生の頃なんてどれだけ待ったことか・・・。

という話は置いておいて。


―共に生きれない日が来たって どうせ愛してしまうと思うんだ

か。


・・・無理だな。


綺麗な曲だと思うし,好きな部類。

でもミスチルの新曲がこんなに胸に響かないのは久しぶりだ。

それは,100%俺が悪いことではあるが。


1年前の俺だったらどうだろう?

5年前は?

10年前だったらどうだったろう?


・・・きっと今の俺が一番この曲には向いてないね。


何が一番やばいかって,多分今俺は全然病んでないということ。

ちょっとくらい病んでなきゃ俺らしくねぇよなぁ。

まぁいっか。


気がついたらまたこの曲に泣かされてるんだろうよ。

いつになるかは分からんが,別に分からんくてもいい。
23:59  |  思考  |  TB(2)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.13 (Mon)

大阪大学中之島センターに・・・。

毎週月曜6限,中之島センターで授業があります。

学祭休みで2週間ぶりの中之島センターにはこんなものが置いてありました。

ch_tree.jpg
見ての通り,俗に言う『くりすますつりぃ』です。





ブルータス,お前もか!!


勉学に勤しむべき場所にこのようなモノが置いてあるとは。

政教分離の精神に著しく反しています(意味違う)。



・・・世も末ですな。

その前に俺が終わりですか。
23:59  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.12 (Sun)

梯剛之さんのピアノ。

そういえば9日の木曜日にいずみホールまで梯剛之さんのピアノリサイタル聴きに行ったんですが,そのレヴューがまだでしたね。

この梯さんというピアニスト,CDでの露出が殆ど無い上に普段はウィーンに住んでらっしゃるので,あまり日本では知られていないようですね。残念なことです。

まだ実家にいた頃,2000年のショパンコンクールで梯さんに密着したテレビ番組を見て,ブラウン管を通してでも分かる音の美しさにたちまち魅了されてしまいました。

いつか生で聴きたい・・・と思いながら,今年までチャンスが無かったのです。

プログラムは,

モーツァルト/
 サルティの主題による8つの変奏曲
 ロンド イ短調
 ピアノ・ソナタ第14番ハ短調
シューベルト/ピアノ・ソナタ第20番イ長調


でした。

最初の曲が弱奏で始まった時は,本当に音の一つ一つがホールに溶ける・・・という感じでした。

しかし,スタインウェイじゃなくてベーゼンドルファーのピアノを使っていたからか,強奏部になると少し音が響きすぎる印象はありました。

それと,やはり前半のプログラムは少し眠たかったのも事実です・・・。

個人的には最初に予定されていたピアノ・ソナタ第15番ハ長調をやはりやって欲しかったなぁと思ったりも。

それでも,かなり幸せな気分で前半を聴き終え,休憩を挟んでからは後半のシューベルト。


実はこの曲,初めて聴きました。

予想通り長~い曲でしたけど,全く飽きることなく聴くことができました。

梯さんの美しい音色もさることながら,どうして作曲家が晩年に書いた(とまではいかなくとも,少なくとも「最後の○○」というような)作品というのはこれほどまでに美しい作品が多いのでしょうね。

S徳がよくモーツァルトのクラリネット協奏曲(K.622)などを例に挙げて言っていますが,俺としてもベートーヴェンのピアノ・ソナタ(30~32,Op.109-111)やシベリウスの交響曲7番などのように,『自分の中で極限まで洗練された』音楽の美しさは,本当に筆舌に尽くせないものであると思うのです。

もう第4楽章の主題の美しさが有り得ませんでした。

梯さんのピアノでこの曲が聴けて本当に幸せです。


アンコールは2曲で,シューベルトの即興曲と,モーツァルトのロンド(ニ長調の方)。

特にシューベルトは絶品で,「この瞬間が永遠に続いてくれたら良いのに」とまで思いました。

本当に幸せな演奏会でした。


ああ・・・10月に梯さんがセンチュリーと共演したコンチェルト聴きに行けば良かった・・・orz
23:59  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.11 (Sat)

秋の夜長とマーラー。

寒い季節になってくると,無性にマーラーが聴きたくなります。

大学1回生の頃に冬定演でマーラーの1番をやり。

2回生・3回生の秋口にはよくその「巨人」を聴いていた気がします。

確か3回生の冬にハイティンク/コンセルトヘボウのマーラー交響曲集(1,2,3,4,5,7,9)を買い,一度とりあえず全部聴いてみたり。

ただその時はまだあまり良く分からず結局1番しか聴かず,例外的に5番の第4楽章にだけハマりました。



それが,去年何を間違ったか3番なんぞにハマってしまい。

それからやっと第6番「悲劇的」も買い(結局この曲はまだ良さがよく分からんが・・・)。

またしばらくしてから「大地の歌」も買いました。


そんな俺が今年ハマっているのは。


4番(笑)。


来年の秋はきっと5番にハマる(ハマらざるを得ない)ことが分かっているので,きっと6番の良さは再来年くらいに分かるのでしょう(長っ)。


まぁなんでハマらざるを得ないかというと,もうご存知の方も多いとは思いますが,俺,関西SNS管弦楽団というところでマラ5を吹くことになったので。

今日もその練習があり,帰りにNU茶屋町のタワレコに寄って音源を物色してきました。

購入したのは,

クーベリック/バイエルン放送交響楽団
ショルティ/シカゴ交響楽団


です。

後者は,2枚組みでショルティ/コンセルトヘボウのマラ4がついてます(笑)。


どちらも定番中の定番なんですけど・・・少しだけ聞き比べてみた感想はというと,ショルティが噂以上にすごい。

たっちー,意外と良い趣味してるかも知れん。



・・・嗚呼,でもやっぱりマラ4が良い。

マラ5はじっくりゆっくり取っておこう。


そして早く8番を買ってマーラーのシンフォニーを全部揃えたい。

誰の8番を買うべきか。
23:59  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.11 (Sat)

待兼交響楽団について。

今回,ライトコンサートを聞かせていただいて,また,打ち上げに呼んでいただいて考えたことをまとめようと思います。

とにかく今回の教訓は,

・当日が空いているなら,練習時間が取れないだとかあまり合奏に参加できないなどと言わずに,多少の無茶はしても乗る。

これに尽きます。

皆さん社会人ですので,多かれ少なかれ無茶はしてらっしゃるんですよね・・・。

ゲネ本でもやるだけやってみた方が同じパートの方々の負担も少しは楽になりましたよね・・・反省してます。次からは無茶します。


そんなわけで,まだ待兼の皆様とご一緒させていただいたのは7月の定演のみ。でも,色んな人がもう仲間のように扱ってくださって嬉しい限りです。なんたって待兼の管楽器って実力者揃いですからね・・・。

K林さんから「グランパ聴いとった?どうやった?」と聴かれ,お世辞だけで返すわけにはいかないと思って勇気を出して気になったところを言ってみたら,それを普通に受け止めてくれるY地さん。

幸せ者ですよね。リアルに。

でもK林さんに「自分ソロでイベールのコンチェルトやろうや!」って言われたのは嬉しさよりも恐怖を覚えました(笑)。

よりによってイベールですか。ハチャトゥリアンと並んで不可能なコンチェルトだと思います。

そうお伝えした次の瞬間,どこからともなく,

「じゃぁニールセン。」

という声が。どれだけ皆さんマニアックなんですか!


その他,『管弦楽の為の協奏曲』って曲名からいろんな作曲家の名前が挙がったりしたんですが,僕は勘違いしてヤナーチェクの名前を挙げてしまって,悔しいので調べてみました。

困ったときのWIKIPEDIA。

へぇ,ヒンデミットが作り出したんですね。ヒンデミットの名前は挙がってなかったはずなので,ちょっと出し抜いた気分。
これでヤナーチェクを出したのはチャラと言うことで(--;


あと,来年の夏にH谷さんのアルファロメオで長野県まで行く計画が立ちました。

何としても予定こじ空け(造語)ます。



待兼の中にいると,本当に皆さん本気でクラシックが好きなんだなと感じます。

阪大オケを引退してしばらく燃え尽き気味でしたけど,最近ちょっと戻ってきているかも知れません。

あの頃には戻れないにしても,今,そしてこれからの自分にしかできない音楽があるはずで,それをまた追ってみたいと思います。
01:19  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.11 (Sat)

交響曲打順バトン改。

O田の記事を読んで,自分も二重登録のルールを無視(っていうか,俺の場合は勘違い)してたことに気付きました。

気付いてからしばらく放置してたけど,やっと訂正版。

<ルール>
・交響曲第1番~第9番まで、どの作曲家の交響曲が好きかを書く。
・野球の打順のように。二重登録はダメ!!
・「DH」には10以上の作品又は、番号のないものを書いてね。

<決定版>
1/カリンニコフ
2/ブラームス
3/メンデルスゾーン
4/マーラー
5/シューベルト
6/チャイコフスキー
7/シベリウス
8/ドヴォルザーク
9/ベートーベン
DH/ベルリオーズ(幻想)

それだけです。
00:28  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.10 (Fri)

マゼール/NYPについて。若干辛口。

そろそろレヴューします。

自分でも偉そうなことを言っているのは自覚しているのですが,結論から言うと,少しNYPを過大評価していたかも知れません・・・。

というか,大人しく兵庫県立芸術文化センターに行っておけば良かったのかな。


前プロのドヴォルザーク/序曲「謝肉祭」は何だかんだでそれなりに楽しめたんですよ。

でも,中プロのチャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲は,場所のせいだけではなくバランスが悪かったと思います。

プログラムを読むに,マゼール氏的には『日本であまり知られていない若いソリストを紹介したい』という思惑があったようですが,残念ながらオケが充分にそれを理解していなかったのではないかと,僕には感じられました。

簡単に言うと,喰っちゃってるんですよ。ソリストを。

というか,ソリストに限らず,『出れねー奴が悪いんだよ』的なNYPのバランス感覚は最後まであまり好きになれませんでしたね・・・。

普段木管楽器,特にフルートなんて吹いてると余計にね。


まぁオケのバランスを保てていないのは指揮者の責任かも知れませんけど。

やっぱマゼールにはクリーヴランド管の方が合ってるのではないか・・・って,クリーヴランド管をまだ生で聴いた事はないのでハッキリとは申し上げられませんが。


チャイコフスキーで,とても高価なまどろみを味わったあとは,メインのベルリオーズ/幻想交響曲。

コレに関しては,まぁ上記のバランスの悪さ以外,文句は無いです。ただ,去年のヤンソンス/バイエルン放送響と比べるとかなりの見劣りはしますが・・・。

でも,期待通り2楽章はオブリガート・コルネット付きだったので,これがかなりの高得点です。

実は初めて買った幻想(ミュンフン/バスティーユ)がコルネット付きだった為,僕の中でのスタンダードってコルネット付きなんですよね。残念ながら非常にマイノリティ。

それを生で聴けたということで,今回の演奏会は東京まで足を運んだ甲斐があるというものです(結局ただのミーハー)。

あと,5楽章の鐘の音がすごかった。

本当に生音?みたいな感じの重厚さ。コンピュータを使って合成されたとしか思えないほどの倍音の完成度。

あれを本当に舞台裏で鳴らしてたなら,舞台裏のスタッフは災難だったろうな・・・。

4,5楽章の金管のはっちゃけ具合が期待通りでしたし。この部分は正直バランスなんてどうでも良いと思ってしまっている木管奏者。


でも一番のびっくりは,5楽章422小節目辺りからヴァイオリン・ヴィオラ・フルート・ピッコロに13小節ものあいだ現れる悪魔の16分音符群。

弦楽器刻んでるしΣ( ̄◇ ̄;!!

ファーストの2プル以外・・・。

というか,あのファーストの2プルアウトに座っていたおっちゃんは一体何者なんだろう?

本当にNYPのファーストヴァイオリン?っていうくらいに微妙だったんですけど・・・。

見ないようにするのに必死でしたが,さすがにここは見えてしまいました。


ま,たまにいますよね,こういう人。
舞台の上に立つんだから,演奏中の自分の姿勢くらい気にして欲しいものです・・・。


て,また辛口批評にいってしまいましたが,気を取り直してアンコールの話。

ここをご覧になってくださってる人の中には兵庫県立芸術センターの公演を聴きにいく予定の方もおられることですので,同じ曲をアンコールでやるとは限りませんが一応隠しておきます。
23:59  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.09 (Thu)

風邪と10時間労働。

11時~17時まで経済学実験のお手伝いバイト(途中昼食休憩はあったけど)。

18時~22時半に滋久。


で,実は風邪・・・。


でもさ。

やっぱり思うんだけど。

仕事ができないのを風邪のせいにしたくねぇ。


くそっ。もっと強くなりたい。
00:22  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.08 (Wed)

秋のゴールデンウィーク。

秋のゴールデンウィークとでも言うべき数日間が,嵐のように過ぎ去っていきました。

まず,11月2日。

学祭用のパネル訂正がやっとの思いで終了。
その後,大学での準備をした後に,バイト。
木曜は生中半額デー+今日は祝日前日。
・・・閉店まで居たのは初めてです。
18時-26.5時。8時間半。よりによってこんな日に(--;
終わってから全員でよこしまにて食事。
帰ったら28時過ぎ。寝たのは29時。

3日。
11時の集合に少し遅れる。ごめんなさい・・・。
13時から展示開始のつもりが,早い時間から予想以上のお客様が入る。
14時過ぎ,S徳にヴァイオリンを取りに帰るよう指示。
その後,S徳とセッションしたり,I山先生を交えて歌ったり。いや,もちろん説明の合間にですよ。
16時半,あっという間に終了。
用意した「ピタゴラス音階」「純正律音階」「12平均律音階」それぞれの音の違いを,皆さんそれなりに分かってくれたようで本当に良かった。
math_music_panel.jpg
片付け中に撮ってみた。
北ブロックの数学資料室で打ち上げをして,I山先生とまさかのセッションをしたりした。
久しぶりに初見アンサンブルの興奮を味わうことができました。ありがとうございます。
22時前に解散。和邇行きの終電間に合うではないか。
22時46分,S徳と石橋を出発。
京都駅で予定通り,偶然とやくん&N敷に遭遇。
O田さんの車に便乗させていただき,25時に和邇浜青年会館着。
いろんな場所で飲んだ。
とりあえず自分の役目は一つだけ果たすことができたということを明記しておこう。
一睡もしないまま29時過ぎに青年会館を出発。29時35分の始発で和邇を出発。
32時前くらいに寝る。

4日。
11時半くらいに起床。
14時にはラスタホールに。待兼のライトコンサート。
H谷さんの,「本番出ぇへんかったんやから,打ち上げくらいくるやろ?」の一言により,17時からの打ち上げに参加(笑)。この辺はまた詳しく書きたいなぁ。
とにかく,この日のうちに東京に行く予定だったのは変更。
21時頃。皆でラーメンを食す。
22時半頃,帰宅。
23時過ぎ。日付が変わる前に寝てしまったのなんて何ヶ月ぶりだろうか・・・。

5日。
いろいろやってると9時過ぎ。えっちらおっちら出発。
10時16分,新大阪発。
これまでは何故か崇禅寺から歩いてたけど,新幹線の切符買うんだったら大阪で乗り換えた方が40円安いじゃないかということに初めて気付く。馬鹿だ俺・・・。
13時過ぎ,新宿着。
Dolce楽器アヴェニューに行く。
去年,まだパウエル・フルート・ジャパンだけしか無かったときに来たけど,えらい違いだった。
綺麗・・・。
14時半,新京王線で初台駅に着く。ご飯を食べて初の東京オペラシティ・タケミツメモリアルホール。なんて綺麗な建物なんだ・・・。
15時開演。マゼール/NYPの話はまた後日。
17時過ぎ,会場を後に。新宿でmりさんと落ち合い,歌舞伎町を案内してもらう(笑)。
呑んで,食べて,歌って,解散は23時半頃。
一人でネットカフェに行く。・・・寝れない。
24時~29時くらいまで,電気つけたり消したりを繰り返しながら,
武装錬金9,10巻
金田一少年の事件簿CASE7上下巻
新世紀エヴァンゲリオン10巻
CUE1~3巻
を読む。
29時過ぎにやっと眠気。

6日。
6時に起床。1時間も寝てへんやん(--;
とりあえずミスド新宿靖国通りショップで朝ごはん。
朝の新宿をうろうろするも,面白そうなものはなし。
だからといって都心部の通勤ラッシュに巻き込まれるつもりは毛頭無かったので,別のネットカフェに転がり込む。
だいたい8時~10時まで寝る。やっと寝れたよ・・・。
10時半頃に蕎麦を食う。その後しばらくまた新宿をうろうろ。
新宿コムサを覗いた。全国のコムサショップの中でも大阪ヨドバシに入っているコムサショップと並んで大きな店と聞いてたけど,そんなに広い印象は受けなかった・・・。
何も買わずに山手線に乗り込み,池袋で降りる。
去年を懐かしみながら歩いただけ。
その後,上野。アメ横をウロウロして,上野・御徒町間を数往復した後,結局御徒町で新幹線切符を購入。そろそろ帰阪を決意。
13時50分東京発のぞみに乗り大阪へ。
18時前に帰宅。
18時半からmixiオケの会議@自宅。
会議が意外と早く終わり,馬鹿話で盛り上がる。
20時過ぎ解散。
21時半,友人がうちに来る。
結局,あまり遊ぶ体力が無かった。
25時頃終身・・・って,この一発変換シャレならへん。就寝。

7日,昼頃起きて,授業→バイト。
また普通の日常が始まる。


・・・まだまだ若いのか,これだけ疲れてるってことはもう歳なのか。

若干喉痛いし,体もだるいからしばらく自重したいところだが,明日も朝からバイトだ。

しかも今日めっちゃ寒かったよね。頑張ろう。


この連休の非日常の中でいろいろ考えたことは,いつかできたら記事にしたいです。
01:14  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.06 (Mon)

安否報告。

今,新宿のメディアカフェポパイにいます。無事に寝床が確保されました。

いくら個室とはいえこんなにカチカチキーボード打ってるのは非常に気が引けるのですが,向かいの個室からは高いびきが聴こえてくるのできっと問題ないだろう。

ていうかこんなに安いキーボードを設置している店が悪いのだ。


でもさすがに苦情が怖いので演奏会レビューは明日家でゆっくり打とう。

とりあえず安否を報告したところで寝ます。

大阪の皆様,また明日~。
01:08  |  日記  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.05 (Sun)

演奏会終了。

20061105175521


演奏会終了。

写真でしか見たことなかったオペラシティの石階段に感動。

演奏会についてはまた後日…。

17:55  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.04 (Sat)

待兼ライトコンサート2006。

聴きに行ってきました。

打ち上げ連行されました。

いろいろ考えることがありました。

今度書きます。


東京行きは明日の朝の新幹線です。

おやすみなさい・・・。
22:39  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.04 (Sat)

さらば和邇。

20061104054336


さらば和邇。

始発待ち@和邇。

…5時間もいなかった。

05:43  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.03 (Fri)

まだ若い。

20061103232156


まだ若い。

今,和邇に向かう終電乗り継ぎ中@大阪。
ちなみに写真は僕ではありません。

やりたいことをやるから『今』なんだ。

23:21  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.01 (Wed)

迷っている。

今週の日曜には東京でNYPを聴く予定なのだが,土曜の夜から2泊する予定である。

ここで問題があるのだ。


宿どうしよう・・・。

漫画喫茶でいけるやん,という甘い考えを抱いてたのだが,ここ数日の疲れのたまり具合でそれをやるとお後が怖すぎる。

でも今から知り合いや先輩に泊めてと頼むのもいかがなものか。


あぁ~・・・もっと早く動けばよかった。



結局また5日の午前中に新幹線が濃厚路線です。
23:53  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.11.01 (Wed)

学祭準備。

やっとパネルの版下製作終わったー!!

長かった・・・。イラストレーターでポスター含めて計11枚。

でも,俺の作ったファイルがそのまま阪大理学部数学科の誇るA0プリンターで印刷されるってのはかなり緊張しますね・・・。

というか,殆どは既に作間先生が印刷してくださったとか。

明日の夕方に出力結果とご対面です。若干びびってます。


で,そういえば一足先にポスター(ここをクリックすると若干重いですが別窓でPDFファイルが開かれます)は出力されてるんですが,それが理学部でえらいことになってました。

mposter-1.jpg
E棟入り口。早速2枚がお出迎え。

mposter-2.jpg
と,思ったらその扉の裏にまで!

mposter-3.jpg
中に入るとパッと見2枚。でも,実は奥のエレベーターの右横に1枚・・・。

mposter-4.jpg
トドメ。階段を上がろうとするとまだあるじゃないっすか!!Σ( ̄◇ ̄;!!

計7枚。

他にも,数学科学生自習室に「ご自由にお取りください」と書かれて山ほど置いてあるし,院生のメールボックス全員に入ってるし。

俺の知らないうちにここまで・・・本当に先生には頭が下がります。


「一度音楽と数学を絡めて学祭の展示をやってみたかったんですよ。」

と,目を輝かせた作間先生からお話を聴いてからほぼ半年。

結局自分の悪い癖でギリギリまで仕事を溜めてしまったけど,個人的には精一杯やったつもりです。

あとは,お客様,数学科の諸先生方,学生の方々からどうレスが返ってくるか。今はどちらかというと楽しみです。

数学的に厳密なこととか,発展性のあることは正直言って皆無ですが,「できるだけ多くの人に分かって欲しい」をコンセプトに頑張ってきました。


ピタゴラス音階,純正律音階,12平均律音階それぞれの「音」も用意していますので,本当に皆様方遊びにきてください。それがさらに僕のやる気にもなります。

オケの連中は合宿だろうけど(^^;


あとは即席の張弦装置を完成させるのみだ。

もうちょっと頑張ろう。
03:16  |  数学  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。