2008年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.29 (Wed)

風邪気味ながら動き倒した10日間。

19日@日曜。
b_DSCN0442.jpg
ユースのメンバーでカレー大会。
いろいろミスったけど,楽しかった。
1年以上も一緒にいると,人間関係も変わってくるってことを実感した。割とポジティブに。

20日@月曜。
バイト先の社員さんに連れられて午後から日本橋。
車で行くと早っ!
「味のしみてないおでんなんて ただの濡れたおかずです。」
石橋帰ってからもう一人バイトと合流。
呑む。打つ。四暗刻上がる。もう一人社員さん登場。流れる。打ちなおす。プラマイゼロ。

21日@火曜。
授業をサボって実家に帰る。今年逃すとしばらく見られなさそうなんで。
b_DSCN0492.jpg b_DSCN0561.jpg

22日@水曜。
宮入りまで時間を潰しに秋桜を見に行った。
b_DSCN0573.jpg b_DSCN0600.jpg
この時はまだ降ってなかったのに,宮入りを前にして雨が降り出す。
あまり良い写真撮れなかった・・・残念。
b_DSCN0631.jpg
和久の屋台が宮入り前に擬宝珠を外すためにビニールを取ったとこ。

23日@木曜。
風邪気味悪化(苦笑)。
バイトにティッシュを箱で持参する。
熱がないから動くのには支障なし。良かった。
帰って必死でゼミの準備。

24日@金曜。
ゼミ発表。何とか形にはなったろうか。
特に何もしてないけど,風邪気味はマシに。
終わってからバイト@川西あんじょう。
17‐25という,なかなかヘビーな長さ。
風邪気味ぶり返す。

25日@土曜。
親が実家から冬布団持ってきてくれた。
カルフール行って,部屋片付けて,夕方からは高校の部活男子4人で呑み。
東通りで焼肉→バッティングセンター→卓球→ハーゲンダッツ→カラオケ。
うち2人はうちに泊まりに来る。狭くてすんません。1人やと思ってたんやもん(笑)。

26日@日曜。
朝8時に起きて,練習に出発。
ゆっくりさせてあげられなくてすんません。>2人
10時からラスタでバッハの合わせ。午後からは同所でダンツィの合わせ。
帰りに梅田で買い物。前から欲しかったパンツと鞄を買う@HEP。

27日@月曜。
久しぶりに昼まで寝る@授業無し。気づけば体調ほぼ全快。
某「4人の会」のつもりが,2人都合が悪くなったので,残りの2人で呑む。
自分らの話も面白かったが,隣に座ってた常連さんと店員さんの会話がマジ面白かった。
まっすぐ帰ろうか迷ったけど,Ryu'sで今季初のホット・ジントニックをひっかけて帰る。
もう寒いですなぁ。
ていうか,3日間で金使いすぎ。懐も寒くなってきたな(笑)。しばらく自重しよう・・・。

28日@火曜。
授業に出て,15時ころから学館にお邪魔してバッハをチェロと2人で合わせた。
やっぱり,一人では見えてこないところがたくさん見えてきた。
ポロネーズのために・・・ということだったけど,それ以上にサラバンドで収穫があった。
本番まであと2週間を切った。もっと真剣にスコアと向き合わないと。


今週もまだいろいろあります。
風邪は一歩手前で吹き飛ばしたと思いますが,また近づいてしまわないように頑張ります。
スポンサーサイト
04:17  |  日記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.18 (Sat)

久しぶりに調子に乗ってしまった感。

フル稼働でした。


朝からバッハの管弦楽組曲第2番の合わせ。

一人でさらってたときはどうなることかと思ったけど,合わせてみるといつもよりマシに吹けるところがたくさん。この辺,オケ奏者っぽいよな。嬉しいような悲しいような。


午後からはチャイ4。1楽章,4楽章の合わせを重点的に。

やっと指が回りそうな予感。まぁ,2回目でそんな予感感じれるのは幸せか。

しかし,団内で練習をしているうちにと思って,いろいろ調子に乗って言ってしまった感。

肝心なとこには謝りに行きましたが,他にも失礼なこと言ってたらすみません・・・。


その後,ダンツィ。唇ってか,指が先にバテた・・・。

ライトコンサート当日は大丈夫かなぁ。上手くコントロールせな。


しかし,バッハもチャイコも結局はフレーズが前に行かないのが問題な気がする。

特にチャイコの1楽章はいろいろフレージングの手がかりが点在してて,それをどれだけ拾えるか・・・だと個人的には思っているのだが,これは卒論で扱ってみようかな。

ちなみに,チャイコの本番は卒論提出後。良いタイミングではないか。


その後,遅れてバイトに行って,帰ってきました。

明日は朝早くからユースのイベントです。


・・・頑張って起きます。
23:59  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.17 (Fri)

WRONG SCALE解散・・・。

WRONG SCALEが解散するらしい・・・。

結構好きやったのになぁ。

alaの事実上の解散・・・って言ったらダメか。まぁ,ツインボーカルの脱退・・・というショックがやっと風化しつつあったところにこれだ。

残念やなぁ。
20:15  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.15 (Wed)

さらってな~い,さらってな~い。

チャイコの4番1楽章の終結部。有名な替え歌。


・・・初見大会だから当たり前。


以前,悲愴はやったけど,なんだか4番の方がさらに苦しい曲に感じる。

悲愴って,孤独な慟哭って感じかな。なんつーか,悟り切ったみたいな感じがして。

一方で,4番からは,悲痛な叫びが聞こえる気がする。


高校の頃に取り組んだ時はそこまで感じなかったけど。

大人になったからか,それとも今の精神状態が反映されているのか。


1楽章だけで7ページとか(笑)。途中とか,「1stヴァイオリンかよ!」というような音符の密度です。

特に大好きなシンフォニーの一つなので,吹いててもちろん楽しいのですが,何か痛いわ。



ま,とにかく,東京から帰ってきて,何か妙に密度の濃い日々を過ごしてます。

他にもいろいろ書きたいことはあってんけど,タイミング逃したからやめとく。


P.S.調べてみて知ったのだが,作品番号的には(つまり出版されたのは)4番はヴァイオリン協奏曲の後になってるけど,どうやら作曲はコンチェルトの方が後らしい。一応報告。
01:20  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.08 (Wed)

鳥の交響曲。

宣言通り聴いてきました。

10月6日19:00-@サントリーホール
読売日本交響楽団

ベートーヴェン/「エグモント」序曲
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番ハ長調
ドヴォルザーク/交響曲第8番ト長調

指揮:ヴィクトーア・エマニュエル・フォン・モンテトン
ピアノ独奏:高橋 礼恵


もちろん,目的は“鳥の交響曲”,ドヴォルザークの8番。

サントリーは意外と久し振り。もしかして2年ぶりくらいかな。
何回も「来るつもりだった」ことはあってんけどなぁ(苦笑)。


まぁそれは置いといて,レビュ。

当日券が50枚ほどしか余ってないとのことで買えるかどうか不安でしたが,無事購入して中に入ってみると結構空席も目立つ。
これだったら学生券が出るまで待ってれば良かったかも・・・。
ま,中プロがピアコンだから正面に座れたのに越したことはないんですけどね。
横に座っていたおばちゃんは「これでも普段よりは多い方」と言っていたので,これだったら在阪オケの方がよっぽど客の入りが良いのではという印象。

演奏について。

まずオケの配置。ベースが最後列。映像では見たことあるけど,生ではもしかしたら初めてかも。そしてホルンが舞台下手側,金管後列はまとめて舞台上手側。まぁあり得ると言えばあり得る配置ですが,ちょっと音のステレオに違和感(^^;

ベートーヴェンは基本的に倍管でした。ピッコロまで。
フルート属は上手い印象を受けましたね。何せピッコロのピッチが良かった。
オケ全体としても,倍管で意外にバランスは良かった。

ただ,ピアコンではソリストの方がちょっと埋もれていた感じ。
それだけではなく,前評判が良かったからか,ちょっと肩すかしな感じを受けてしまいました。
細かいミスは置いておくにしても,ちょっと「表現したい音楽」の方向性が分からない感じ。
曲がそれほど良くないのもあるかも知れませんけどね。
少なくとも苦手そうな感じを受けました。今度は意外とチャイコ辺りを聴いてみたいです。

指揮者が元々ピアニストということで,アンコールはハンガリーの5番を4手で。
まぁピアノはさすがという感じでしたね。
指揮者としての実力は不信感を覚えましたが。

実は読売日響は生で初めて聴いたのですが,ライブ録音とかは聴いたことがあります。
・・・こんなにミスが多いオケでしたっけ。
やはり指揮者の実力不足が感じられましたね。
音楽も細部までは作りこまれてない感じ。上辺だけをなぞっているような指揮も面白くない。

そんなドヴォルザーク。今度は倍管じゃない。
前半が倍管だったからか,今度は少し管が埋もれている印象。
ていうか,弦楽器が少々弾きすぎなような・・・。

第2楽章が,一番「やりたいこと」を感じさせる楽章でした。
CD等で聴いていると,冗長な感じがして一番苦手な楽章なんですが,やはり生で聴くことで分かる良さってのがあったんだなぁと改めて実感。

第4楽章。このフルートのソロを生で聴くことが特に最大の目的だったんですが,聴きに来て良かった。
俺が考えていなかったところで,考えられないほど上手く息を取っていらっしゃいました。
真似できるかは分かりませんが,試してみなければならないと思います。
何より,新しい視点を与えていただけたことに感謝です。
そして,このソロは昔どこかでパユもミスってたという話を聞きますが,プロでもそう簡単に指を回しきれないみたいですね。やはり滑っている場所が・・・。

うーむ。ますます研究が必要そうやなぁ。
カーテンコールで指揮者に最初に立たせてもらえるくらいには頑張らんと。

さておき,アンコール。

ピアノのアンコールがハンガリーだったから,今度はスラブかなぁと思っていたけど,何と舞台袖からピッコロが現れた。スラブで有名な作品は基本的に2管だから違うぞ??

なんと,ハンガリーの5番,管弦楽編曲版(笑)。

笑うしかないですな。その手もアリかと。

ま,有名な曲だからオケも手慣れていたのか,楽そう。

良くも悪くも,「軽い」感じの演奏会でした。


俺個人はこういうノリって嫌いじゃないけど,その場合,指揮者の音楽の深み・・・ってのは疑うことが多い。

隣に座っていたおばちゃんは,「久しぶりにスマートな指揮を見た」と満足してらっしゃる様子だったので,俺は敢えて批評を述べることはしなかったけど。(←この辺,昔に比べるとだいぶ大人になった気がする・苦笑)

そのおばちゃんは「スマート」の対立概念として「濃い」というのを挙げてたから,その比較は確かにわかる。

そして,一般聴衆が時にはそういう「スマート」さを求めるのも分かる気がする。
確かに最近,濃い指揮者は多いように思うし。

ただ,俺は結構「浅い」か「深い」で考えるもので。

「深い」というと「濃い」ものが連想されそうだけど,「スマート」でも「深い」演奏って結構あると個人的には思っていて。
最近CDでハマってるケント・ナガノ氏とか,関西でよくお見かけすると言えば金洪才さん。

そう考えると,今回は本当に「スマート」というか「浅い」という感じだったなぁ。

ま,ほぼ同い年の指揮者さん,いつかこの素人の予想を裏切ってください。


ともあれ,良い経験にはなったと満足してホールを後にする。新宿から夜行バスで午前5時に大阪着。
前回夜行に乗った時は頭痛で死にそうでしたが,今回は酔い止めのおかげか結構快適に大阪に着くことができました。

家帰って寝てしまったので2限はさぼりましたが,3限からは大学にも行った。
まだまだ若いと言うことを実感できた旅でした(笑)。

明日も2限があるので,そろそろおやすみなさい。
01:50  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.05 (Sun)

親友と久々に遊び倒したこと。

前回の続き。

ネットカフェで1時間ほど仮眠して,みうみうと合流。いきなりメール送ったのに,相手も同じ池袋に居てびっくり。

普通に晩飯且つ飲み。さすがにそれほど飲みませんでしたが。

その時,ネットカフェで空き状況を調べて,泊まろうと思っていた安~いホテルに電話したら既に満室になっていて(←我ながら甘かった・・・・),ネットカフェ宿泊かホテル宿泊かを悩んだ挙句,昔一度泊まったことのある池袋のとあるビジネスホテルに飛び込みチェックイン。

高くついたけど,この状況では上質な眠りを得ることに勝ることはない。

・・・とか言いながら,宿を確保できた喜びからか,みうみうとさらに呑みなおす(笑)。

数週間前から「百年の孤独が飲みたい」と言っていた彼を連れ,とある焼酎バーに。

b_DSCN0356.jpg
これね。

隣に,俺も前から飲んでみようと思ってた「野うさぎの走り」が。

いやいやいやいや,このコンディションで37°って。

そんなの関係ないし。

たまに63°のウィスキーとか呑んでるじゃないですか・・・とかまでは考えなかったけど,普通に2杯目にチョイス。


そんなとき,カウンターに座っていた常連さんらしき2人組と店員さんが,とある問題で盛り上がってるのが聞こえてきた。

「とある3人組がホテルに泊まり,一部屋の料金として10万円ずつ30万円払った。
 しかし,ホテルの支配人が確認したところ,その部屋は25万円という設定だった。
 そこで,支配人はボウイに『5万円返してきてくれ』と言った。
 返してもらった3人組は,予想外の収入に気持ちが大きくなって,3で割った余りの2万円をボウイにチップとして渡した。
 そうすると,3万円・・・つまり3で割ると1万円ずつ戻ってきたわけだから,一人当たり9万円払ったことになる。
 払った金は,9×3+2=29・・・あれ?30万円じゃない。
 その1万円はどこに消えたんだー!!」

というもの。分かりにくくするためにさらに問題を改善(改悪?)してます。

これって,いつだったかみうみうの部屋でF縄くんが言っていたやつ!
(その時悩んだみうみうは1晩寝れなかった。)

あぁ懐かしい。

常連さんも本当に悩んでらしたので,焼酎を頼むついでにみうみうが店員さんに答えを示唆。

結構時間をかけて説明。「すご~い!」ということになり,何故かそこからとんち大会に。

とんちはむしろ俺らの方が弱かった(笑)。

眠くて頭回ってなかったから・・・ということにしとこう。

その間に焼酎は3杯目。ホテルに戻って気持ちよく寝れましたとさ。

b_DSCN0358.jpg
また遊びに来ます。


5日。ホテルをチェックアウトして,go to 渋谷。午前中はタワレコで一人時間をつぶす。

みうみうと合流した後は,まずは天下一品渋谷店で腹ごしらえ(笑)。目的のブツは当たらず。

そのあと渋谷から池尻まで歩き,そこから駒場東大前までさらに歩き,電車で渋谷に戻ってきました。

よく歩いたもんだ・・・。気づけば結構疲れた。

しかし,みうみうも4月から一人暮らしをしたいそうなので,だいぶ二人で盛り上がった。

俺的には池尻の,首都高から少し入ったところかなぁ。みうみうは駒場がいたく気に入ったらしい。


渋谷では2人して久しぶりのカラオケ。やっぱり入れる曲の趣味が合うってのは楽しすぎる。

気づけばもう5時で,やっぱりもう1泊したいと思って,浅草でよく使ってるホテルを予約。


二人で上野でカツを食べて,そのあと別れて一人で浅草までやってきました。

昨日のホテルはインターネットできなかったので,溜まってた分を今日書き溜め。やっと終わった。


さーて。まだこんな時間やのにもう眠いわ。やっぱり一晩では疲れとれきってない模様。

明日夜サントリーホールで読売日響聴いてから夜行で帰ります。

待兼の練習休ませてもらってすみませんでした。

実は元々東京に残っている目的は住宅街の下見だけでなく,読売日響も大きかったりするんですよ。

これもパッションというものってことで勘弁してください。(いいわけ)

それではおやすみなさい。

(追記)
問題について。

「時間を無駄にした!」という苦情がいくつかあったので(苦笑),軽く解説しときます。
23:01  |  日記  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.05 (Sun)

ガチの研修合宿を終えて。

実はまだ東京にいます(笑)。

ビジネスホテル,ブルーウェーブイン浅草より更新。ノーパソ持ってきてて良かった。


レビュー。


2日。研修合宿のメインは3日~4日だったのですが,3日の集合時間が早いからとのことで,関西組は前日からホテル入りできるよう手配してくださったのです。

ただ,埼玉の森林公園駅に19:30頃集合だったので,時間的にはけっこう余裕がありそうでした。

・・・てなわけで,昼下がりに東京に到着した後,初台から代々木エリアをてくてく歩きました。

現実的に来年から住むのはこの辺りになるかも知れないけど,山手通り沿いは騒音と排ガスがヤバそうでした。

しかもカラスからウンをもらいました。

気がついたら代々木公園。NHKの放送センターが見えるのを懐かしいとか思いながら,原宿まで到着。

ここまで来たらと思い,竹下通りからラフォーレまで歩いて,結局明治神宮前から地下鉄乗りました。

どんだけ歩いてるのかと(苦笑)。

池袋で同じ関西の内定者と何と偶然会って,二人で森林公園まで。

予想以上に電車が混んでたので,話し相手がいなければ心が折れるところでした。

初日は,温泉に盛り上がり,大富豪に盛り上がり,電気を消してから割と話し込み,寝ました。

睡眠時間は5時間強くらい。


3日。朝食をガッツリ食べる。関西組は会場の設営を少し手伝って,関東組が来るまで待機。

かなり綺麗な場所だったので,散策。画像参照。夜の景色やけど。

b_DSCN0351.jpg
ピンボケごめんなさい。今年初ツリー(笑)。

12時前に関東組合流。一緒に昼食を食べて,13時過ぎから,さぁ研修。

これがとある議題に対するディスカッションだったのですが,この研修合宿ではほぼこれしかしていない。

気がついたら18時(笑)。メシ食って再開。予定の終了時刻21時10分とか何のこと?

22時半くらいに,「この辺でいったん風呂入りましょう」と人事の方による鶴の一声。

さっきまでの真剣さはどこへやら。ある意味とんでもないケジメで,風呂は120%楽しみました。

24時再開。

・・・さぁ,5時。

人事の方からドクターストップがかかる(笑)。

「1時間だけでも寝てください。」

メンバーに確認。

「むしろこのままやりたいです。」(メンバーより)

「いや,寝てください。」(by人事)

いつ再開する?

「6時半で。」(満場一致)

タイムリミットは9時。9時にはプレゼンが始められなきゃいけないので。

ガチで1時間睡眠。のはずが,俺の部屋は男3人で“修学旅行のノリ”に。

ホンマに馬鹿だなぁとか言いながら,一人の発言に心底共感。

「ここまで追い詰められて,誰一人として腐らないどころかガチでやってるよね。」

・・・。“敢えてすぐに議論が収まらないようなメンバー”で班を設定した人事さん,“それでもやる気をなくさないメンバー”ってのはそもそもしっかり選考でふるってたんだなぁ・・・と,ここまできたらもう畏怖。

うとうとしてたら6時半。

ほぼ予定通り議論再開。さすがにそろそろ議論を収集させる方向に皆が動いてる・・・けど,頭が回ってないからか同じ話を繰り返してしまったりもしたが。

俺らの班は当然のようにメシ食ってなくて,これも人事の方から「9時半開始にするから,食べて来なさい。」と。ありがとうございます・・・。

プレゼンは何とかでき,良かった。

プレゼンの後も,2時間ほどデスクワーク。

最後に,全員「採用内定証書」をいただき,研修合宿全てのカリキュラムが終了。

昼ごはんは外でバーベキューでした。


しんどかったけどめちゃめちゃ楽しくて有意義でしたわー。

2,3回しか会ってないけど,今回で心底信頼した同期も少なくないし。


ただ,合宿前は「終わったら皆で呑もう」とか言ってたのに,暗黙の了解のように皆帰っていく(笑)。

まぁそりゃそうかー。とか思いながら,俺は関西組を見送って一人東京に残る。

続きこのまま書いても良いねんけど,あまりに長くなりそうやから記事分けます。
22:33  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。